ニュース
» 2010年10月21日 13時16分 UPDATE

TAD、DクラスのパワーアンプとDAC搭載プリアンプを発表

テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズは、新たなラインアップとしてプリアンプ「TAD-C2000」、パワーアンプ「TAD-M4300/TAD-M2500」の3機種を発売する。

[ITmedia]

 テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズは、新たなラインアップとしてプリアンプ「TAD-C2000」、パワーアンプ「TAD-M4300/TAD-M2500」の3機種を発売する。「TAD-C2000」の発売時期は2011年1月中旬で価格は199万5000円、「TAD-M4300/TAD-M2500」は11月中旬発売で、価格は199万5000円/168万円。

photophoto 「TAD-C2000」(左)、「TAD-M4300/TAD-M2500」

 TAD-C2000は、回路の対称性にこだわり入力から出力まで正負のフルバランス増幅方式を採用した。さらに左右のオーディオ回路には同じ基板ユニットを配置し、入力から出力までL/Rの同一性を目指した構成としている。

 アルミブロック削り出しの上部シャーシにより振動を制御する構造を採用。本体は3点のインシュレーターで支持し、物理的な安定性を確保する。下部からの振動を吸収するために、インシュレーターと下部ケースを3点の点接触構造とした。

 デジタル入力3系統とアナログ入力4系統を持つ。デジタル入力のうち1系統はUSB入力とし、USBオーディオ伝送規格の「USB Audio interface1.0」に対応する。さらに、PCのクロックジッターを除去する「アシンクロナス転送方式」を採用している。

 TAD-M4300では同一回路を4ch内蔵し、バイアンプ駆動や、4chの独立した駆動が可能。TAD-M2500は対称性やバランス増幅といったコンセプトを継承しつつ、シンプルな構成とした。

 増幅回路は、入力端子から出力端子まで完全に独立した2台のアンプをバランス接続したBTL方式を採用。電源回路は、すべての電源回路をL/R独立設計としている。構造面では、電源トランスの配置や基板のパターン構成を左右対称とし、配線の長さまで左右同一にするなど、あらゆる面で対称性にこだわっている。

 シャーシはアルミブロックの削り出しデュアルトーンを採用。質量が大きく接合部がないため、外部からの振動に強く、電気的に安定したアース電位を得られる。

 外形サイズ・質量は、TAD-C2000が440(幅)×140(高さ)×393(奥行き)ミリ、23.5キログラム。TAD-M4300/TAD-M2500は440(幅)×170(高さ)×467(奥行き)ミリ、43キログラム。

関連キーワード

TAD | オーディオ | プリメインアンプ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう