ニュース
» 2010年10月27日 17時54分 UPDATE

薄型テレビの累計出荷数は1452万台、過去最高に

JEITAによると、1〜9月までの薄型テレビ出荷台数は1451万8000台となり、過去最高だった昨年の出荷台数(1357万9000台)を上回った。

[ITmedia]

 JEITA(社団法人 電子情報技術産業協会)が発表した「2010年9月地上デジタルテレビ放送受信機器国内出荷実績」によると、1〜9月までの薄型テレビ出荷台数は1451万8000台となり、過去最高だった昨年の年間出荷総数(1357万9000台)を上回った。

 9月単月では218万5000台で、昨年12月、今年3月に続き3度目となる2000万の大台に乗せた。エコポイント制度の変更による駆け込み需要が起きた3月の反動で一時出荷台数は低迷したが、9月になって需要回復が鮮明となった。12月以降は付与されるエコポイントが半減するため、10〜11月はさらに出荷台数が伸びるとみられる。

 サイズ別では、29型以下が67万3000台(前年比186.2%)、30〜36型が83万2000台(同228.8%)、37型以上が68万台(同163.5%)だった。4月から統計を取り始めた3Dテレビ(3Dレディーも含む)の累計出荷台数は13万1000台で、薄型テレビ全体に占める割合は1.34%、37型以上に限定すると4.12%となった。

 9月のBDレコーダーは40万9000台(同175.5%)、BDプレーヤーは2万6000台(同194.1%)で、いずれも好調な売れ行きを示している。

photo 「2010年9月地上デジタルテレビ放送受信機器国内出荷実績」(JEITA発表資料)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.