ニュース
» 2010年11月02日 14時33分 UPDATE

スピーカーはどこ?:ボーズ、ディスプレイ一体型サウンドシステム「VideoWave system」

ボーズは、46インチ液晶ディスプレイとホームシアターサウンドを一体化させた「VideoWave entertainment system」を発売する。

[ITmedia]
photo 「VideoWave entertainment system」

 ボーズは11月2日、46インチ液晶ディスプレイとホームシアターサウンドを一体化させた「VideoWave entertainment system」を11月3日に発売すると発表した。価格は68万2500円(配送、設置サービス込み)。全国に7店舗あるボーズ直営店、および11月3〜14日まで期間限定でオープンする「ボーズ・ミュージアムストア」で体験できる。

 VideoWave systemは、スピーカーやウーハーを配線する煩わしさや、設置場所の確保・調整を不要としたホームシアターサウンドシステムだ。システムはディスプレイ、コンソール(iPod/iPhone用ドック付)、リモコンの4アイテムで構成さる。スピーカーはディスプレイに隠れて一切視界に入らない。

 スピーカーシステムは、専用設計された小型ウーファーを6基搭載する。同社独自のテクノロジーであるウェーブガイドに導かれた重低音サウンドは、筐体をS字状に進んでディスプレイ下部から放出される。ディスプレイ上部に配置された7つの高音域用の小型スピーカーは、「PhaseGuide sound radiator technology」とデジタルシグナルプロセッシングにより音を広角に放出して、部屋全体に広がる音場をつくりだす。部屋の形状や家具の配置を解析し、音場の自動調整を行う「ADAPTiQシステム」を搭載しているので、面倒な設定作業は不要だ。

photophoto スピーカーの置き場所を気にせずに、ホームシアターサウンド楽しめる。写真右はディスプレイを背面から見たカットモデル。中央下の筒形が6連ウーファーだ

 タッチパネルによる操作を採り入れた「クリックパッドリモコン」は、使いやすさにこだわった新しいコンセプト。一般的なテレビやレコーダーのリモコンと比較して、大きさで半分以下、ボタンの数も電源/ソース切り替え/ボリューム/チャンネルなど、最小限に切り詰められている。

 リモコン上部にある矩形部分にはタッチセンサーが内蔵されており、指でこの部分に触れると、ディスプレイの映像周辺に必要な操作を行うボタンが表示される。ユーザーはディスプレイを見ながら、リモコンを指でなぞってボタンを選んでクリックする。指を離せば、画面は通常のフルスクリーンに戻る。画面に表示されるボタンは、再生中の機器(BDレコーダーやiPodなど)に搭載されている機能を反映して、その状態で可能なものだけを表示する。

photophoto 「クリックパッドリモコン」は携帯端末ほどのサイズだ。リモコンのタッチセンサー部分を指でなぞると、画面のメニューを移動できる

 インタフェースはHDMI×4、映像入力はコンポジット×3、コンポーネント×2、音声入力はアナログ×3、光デジタル×2、同軸デジタル×2。Dolby TrueHD、DTS Digital Surround、MPEG-2 AAC、Linear PCM 5.1の音声フォーマットに対応する。ディスプレイの外形サイズは、テーブルスタンド込みで1130(幅)×754(高さ)×340(奥行き)ミリ、重量は48.1キログラム。コンソールは、421(幅)×77.5(高さ)×237.5(奥行きミリ、3.4キログラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう