ニュース
» 2010年11月11日 12時10分 UPDATE

FPD International 2010:3Dテレビ、次の一手 (1/2)

フラットパネルディスプレイの総合技術展示会「FPD International 2010」が千葉・幕張メッセで開催されている。3Dテレビそのものが注目を集めた昨年と異なり、今年は3D表示の品位向上を目指した展示が目立つ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 フラットパネルディスプレイの総合技術展示会「FPD International 2010」が千葉・幕張メッセで開幕した。今年も「3D」が大きなテーマとなっているが、3Dテレビのデモンストレーションに長蛇の列ができた昨年と異なり、3Dの品位向上を目指した技術展示が目立った。この1年で3Dテレビを取り巻く状況は大きく変化したことが伺える。

ts_fpd010.jpgts_fpd011.jpg 3Dとともにパネルメーカー各社のキーワードになっていたのが、「UD TV」。UDは「Ultra high Difinition」の略で、主に4K2Kパネルを指す。写真は、サムスンの70インチUD TV(左)とLG電子の84インチUD TV(右)。どちらも3D表示に対応している
ts_fpd031.jpgts_fpd032.jpg 東芝モバイルディスプレイのOCB液晶3Dテレビ。同じくOCB液晶をアクティブシャッターに使用した3Dメガネを用い、“クロストークフリー”をうたう

 東芝モバイルディスプレイは、OCB(Optically Compensated Bend)液晶パネルを使用した3Dメガネを展示した。OCB液晶のメガネは、従来の液晶に比べて「1ケタは上」(同社)という高速応答性と上下左右170度〜180度の広い視野角が特長。液晶シャッターを開く時間を長くすることで、3D視聴時の明るさを1割以上アップできるほか、クロストークの抑制にも役立つ。また同社ブースでは、15.4インチの3D対応OCB液晶とOCB液晶メガネを組み合わせた“クロストークフリー”3Dテレビも展示していた。

ts_fpd013.jpgts_fpd014.jpg LGブースで見つけた「世界最薄LED LCDモジュール」。42インチながら奥行き2.6ミリ(最薄部)

偏光メガネでフルHD 3D

ts_fpd05.jpgts_fpd06.jpg LG電子の31インチ有機EL(左)。AUOの14インチ有機EL(右)。どちらも3D対応だ

 有機ELディスプレイは、AUOやサムスン、LG電子といった海外メーカーが展示していた。中でも目をひいたのが、AUOの3D対応14インチ有機ELディスプレイだ。パッシブ型である偏光メガネを使いながら、3D表示でも1920×1080ピクセルのフルHD解像度を実現したという。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.