ニュース
» 2010年11月12日 15時11分 UPDATE

マイク部が可動する:三洋電機、ICレコーダーの新製品「リニアPCMレコーダー」2モデル

三洋電機は、ICレコーダーの新製品“リニアPCMレコーダー”「ICR-PS515RM/ICR-PS401RM」を11月26日に発売する。

[ITmedia]

 三洋電機はリニアPCMレコーダーの新製品として、シーンに合わせて3ポジションにマイク部が可動する「ICR-PS515RM」、音質・機能・操作性を大幅に進化させた「ICR-PS401RM」を11月26日に発売する。価格はオープンだが、実売価格はICR-PS515RMが2万円前後、ICR-PS401RMが1万円前後になる見込み。

 ICR-PS515RMは、XY/ズーム/ワイドの3方向にマイク部が可動する「3WAYロータリーマイク」を採用して、録音環境に合わせた指向性を選択できるようにした。さらに、低域録音を可能にする「低域補正マイク」も搭載した。

 音楽/講義/会議の設定がプリセットされた「録音シーンセレクト」には、ユーザーが独自に選んだ設定も「お気に入り」に3個まで登録可能となった。シーンセレクト設定とロータリーマイク切換スイッチを連動させることも可能だ。

photo 「ICR-PS515RM」

 ICR-PS401RMには、新開発の全方向性ステレオマイクを搭載。マイク開口部の拡大と配置の最適化で、明瞭性が高く自然で臨場感あふれるステレオ録音が可能となった。録音フォーマットは、リニアPCM形式/MP3形式に対応。リニアPCM録音では、オーディオCDレベルの「44.1kHz/16bit」と、DVDビデオレベルの「48kHz/16bit」の2モードが用意されている。

photo 「ICR-PS401RM」

 内蔵メモリは、ICR-PS515RMが8Gバイト、ICR-PS401RMが4Gバイト。これにくわえてmicroSDカードスロットを搭載した「Wメモリシステム」を搭載する。メモリ間のファイルコピー&ファイル移動も可能になった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.