連載
» 2010年11月15日 11時13分 UPDATE

本田雅一のTV Style:家庭向け3Dプロジェクターの基礎知識(2)

今年日本で発売されている3Dプロジェクターは、すべてアクティブシャッター方式のメガネを使ったフレームシーケンシャル表示だ。個人的にはまったく期待していなかったが、実際の映像を見て考えが変わった。

[本田雅一,ITmedia]

 最初に、とても大切な事なのでしつこいようではあるが、前回に続いて確認しておきたいことがある。それは3Dプロジェクターは、高品位な2Dプロジェクターだからこそ3D化できるということだ。3D映画を投影するためのプロジェクターなのではなく、3D表示機能を盛り込むために改良が施されたことで、2Dプロジェクターとしてもより高いレベルの画質を得ることができている。

 このあたりはテレビでも事情は同じで、2D画質を上げることが3D表示に不可欠であるため、結果的に上位モデルから順に“3D表示機能”が入っている。3D表示機能による追加コストはさほど大きなものではないので、3D表示機能を持つ製品がやや高価なのは、上位モデルだからに過ぎない。

 さて、話がやや横道にそれたが、前回までに述べたように今年日本で発売されている3Dプロジェクターは、すべてアクティブシャッター方式のメガネを使ったフレームシーケンシャル表示であり、個人的にはまったく期待していなかった。

 4倍速表示液晶パネルを用いた3Dでは、片眼あたりの液晶シャッターが開いている時間は20%程度で、さらに透過率の低下や偏光フィルターによるロスなどもあって15%程度しか光が目に届かないという。さすがにそこまで暗ければ、とても映像作品を楽しめないと予想していたのだ。

ts_vwes07.jpg ソニーの「VPL-VW90ES」は、フレームレート120Hz対応ながらもパネルとしては240Hz駆動をサポート。同じフレームを2回ずつ書き込むことで書き替えにかかる時間を短縮してクロストークを抑える

 実際、開発途中の製品は、かなり暗かったのだが、3Dメガネの特性に合わせて黒レベルを少し浮かせたり、トーンカーブを変えて明るく見せるなどの絵作りを工夫したり、光学回路の効率を高めることなどによって、かなり良いレベルにまで到達してきている。

 実は、三菱電機の製品は、まだ3D時の画質が最終確定したものを見ていないのだが、同じ4倍速SXRDを用いたソニー「VPL-VW90ES」の3D投影モードは、5〜6年ぐらい前の720P透過型プロジェクターの映画モードに近い明るさ感(ベストとはいえないが、真っ暗な部屋で映画を楽しむには充分)を引き出せていると思う。

 スクリーンに暗い0.8ゲインぐらいの幕面を使っている場合は、120インチ投影で暗く感じるだろうが、100インチ以下ならばやや暗いものの普通に見ることができる。もしゲイン1.5ぐらいのビーズ系スクリーンを使っているなら全く問題ない。

 しかし、さらに驚きを感じたのはビクター「DLA-X3」の3D映像だった(DLA-X7の3D投影機能はまだ画質調整が終わっていないため3D映像はDLA-X3しか見ていない。ただし両者の3D表示品質は同じとビクターは話している)。

ts_dla03.jpgts_dla04.jpgts_dla05.jpg ビクターの「DLA-X7/X3」は、120Hz駆動ながらデジタル駆動を生かした面書替方式でクロストークを抑えている。なお、ビクターの2機種はいずれも“3Dレディー”モデル。「3Dメガネ」(1万7850円)やメガネを同期させるための「3Dシンクロエミッター」(9450円)は別売になっている

 DLA-X3の3D投写映像は、VPL-VW90ESのそれよりも圧倒的に明るいのだ。ゲイン0.8のスクリーンでも100インチ程度なら全く問題にならないし、完全に遮光された環境ならば120インチクラスでも充分な明るさだ。この時点でSOHOシネマズなどに見られる一般的なXpanDの3Dシアターよりずっと快適だ。より明るいスクリーンになら、なおさらである。

 また、120Hz駆動ということで心配されたクロストークも極めて少ない。ソニーVPL-VW90ESもクロストークは少なめで快適だったが、DLA-X3も同等以上のクロストーク性能を持っている。

 では、なぜ120Hz駆動でもクロストークが少ないのだろうか?

 それは現在、民生用機器に使われているD-ILAデバイス(ビクター独自の反射型液晶デバイス)が、プラズマパネルと同じように面書替方式になっているからだ。プラズマは全画素の表示内容を書き込んだ後、面全体の画素が一度に光る。これと同じように、デジタル駆動型のD-ILAは、面全体が同時に動作する。このため120Hzでも3D表示が可能となり、メガネの液晶シャッターが開いている時間が長くなり、明るさを稼ぐことができているのだと想像される。

 デジタル駆動のビクター製プロジェクターは、デジタル駆動のため微妙な階調表現に粗さを感じていたが、3D表示に関してはデジタル駆動であることが有利に働いた格好だ。加えて今年は階調表現能力が4倍以上になったそうで、2D映像の映像が格段に良くなっている。

 なお、最初にDLA-X3の3D映像を見たときは、画面全体が明滅するように見える現象(フリッカー)が目立ち、長時間見るのは辛いと感じていた。メーカーによると、24コマの映画は96Hz表示にしているからではないかとのことだったが、最終的にチューニングの進んだモデルでは、フリッカー感が大幅に減り、あまり意識しなくて良いレベルに抑えられていた。

 3D映像は、画面が大きくなればなるほど楽しいものだ。まだ3Dプロジェクターの導入は遠いと感じていたが、このレベルにまで来ているのであれば、来年発売が多数予定されている3D製作の大作映画ソフトのために、手持ちのプロジェクターの入れ替えをしてもいいかもしれないと思い始めたほどである。

本田雅一氏の最新著書紹介

日本人が知らないニッポン家電の強さ、底力とは何か。より良い技術を後世に残したいというエンジニア魂がぶつかり合う。世界と戦う日本企業の真実を本田雅一氏が描いたノンフィクション「インサイド・ドキュメント”3D世界規格を作れ!”」はこちら


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.