ニュース
» 2010年11月17日 21時53分 UPDATE

3D対応の103V型プラズマ、パナソニックが受注生産

パナソニックは3D対応の103V型のプラズマディスプレイ「TH-P103MT2」を発表した。18日から受注生産を開始する。

[ITmedia]
ts_pana01.jpg 「TH-P103MT2」

 パナソニックは11月17日、3D対応の103V型のプラズマディスプレイ「TH-P103MT2」を発表した。18日から受注生産を開始する予定で、価格はオープンプライス。実売予想価格は850万円前後となるが、別途工事費や運送費も必要だ。

 フレームシーケンシャル方式を採用した3D対応のフルハイビジョンプラズマディスプレイ。チューナーは非搭載ながら、業務用ディスプレイで培ったプラズマディスプレイの高速駆動技術などを投入。24ビット処理により、色表現能力を約2倍に高めたという。ネイティブコントラストは500万:1。

 HDMI入力は4系統。そのほかにコンポーネント入力、コンポジット、S端子、D-Sub 15ピンなども備えている。

 本体サイズは、スタンド付きで2412(幅)×1748(高さ)×871(奥行き)ミリ。重量は約321キログラム。3Dグラスやリモコン、据え置きスタンドセットなどが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう