レビュー
» 2010年12月02日 20時07分 UPDATE

iPod Style:コレ1つで大体OKなiPhone用モバイルバッテリー「iWalk 1500」

プロテックの「iWalk 1500」は、1,500mAhの容量を持ち、iPhoneやiPodに対応した、持ち運びにも便利な大容量バッテリーパックだ。

[戸津弘貴,iPod Style]
iPod Style

 「iWalk 1500」は、1500mAhの容量を持つDockコネクターを備えたiPhone/iPod用モバイルバッテリーである。前モデルの「iWalk」は、800mAhの容量で、コンパクトながらもiPhone 3G/3GSでは30%程度充電できるという性能は、ヘビーユーザには物足りない面もあった。「iWalk 1500」は、コンパクトな使い勝手は維持したままで大容量化を実現。必要十分なモデルへ進化した。

ts_iw001.jpg 「iWalk 1500」はブラックとホワイトの2色展開

 iWalk 800との違いは、バッテリーインジケーターのLEDの色と場所、充電用USBポートの位置、そして本体の大きさ(幅、厚み、高さなど)。とくに本体の厚みは3割ほど厚くなった感じだが、iPhone 4に接続した場合には、フラットな底面になったこともあり、iWalk 800とiPhone 3G/3GSとの組み合わせとiWalk 1500とiPhone 4との組み合わせの印象はあまり変わらない。また、Dockコネクターと本体の間に若干の余裕があり、ケースを装着したまま使用できる点も評価できる。

ts_iw02.jpgts_iw03.jpg 「iWalk 1500」と「iWalk」の比較

 Dockコネクター付きの外部バッテリーとしての利点は、取り扱いづらいDockケーブルを使用しなくてすむという点だろう。今まではそのトレードオフとして容量が少ないことがネックとなっていたが、1500mAhという容量はそれを克服した。実際に長期間使用してみたが、朝から晩までの間で通常の用途において1つあれば十分と感じた。いつも充電器セットを持ち歩くようなヘビーユーザーでも2個あれば足りるのではないだろうか?

ts_iw05.jpg

 もちろん、iPhoneのほかにiPod touchやiPod nanoなど、Dockコネクターを装備したiPodであれば充電することができる。とくにiPod touchはFace Timeに対応したり、カメラがついたことで写真やビデオを撮影する機会が増えた。iPod nanoも小型が進んだこと、常時使用するようなアプリやウィジェットが追加されたことなどから不意のバッテリー切れの可能性はあるため、イザというときに役に立ちそう。iPod nanoに装着した状態で自立するのも面白いポイントだ。

ts_iw08.jpgts_iw09.jpg
ts_iw010.jpgts_iw011.jpg iPod touchやiPod nanoなど、Dockコネクターを装備したiPodであれば充電可能
ts_iw07.jpg

 実売4000円前後と、容量の割にはリーズナブル。iWalk 800が3000円前後だったので、容量がほぼ倍になったにも関わらず、価格は3割増しに抑えている。今まで大容量バッテリーというとケース一体型が多かったので、大容量かつ機種を問わずに使えるモバイルバッテリーは重宝するはず。iWalk 800を持っている人は、iWalk 1500を追加で用意して2個持ちをすれば、よほどのことがない限り、バッテリー切れで困ることはないだろう。

Copyright (C) 2002-2016 - iPod Style - All rights reserved.