ニュース
» 2010年12月03日 16時18分 UPDATE

プラネックス、Bluetooth対応オーディオトランスミッタ

プラネックスコミュニケーションズは、オーディオプレイヤーや携帯電話でBluetooth通信を可能にするオーディオトランスミッタ「BT-WTM01」を発売する。

[ITmedia]
photo 「BT-WTM01」

 プラネックスコミュニケーションズは12月3日、Bluetoothに対応していないオーディオプレイヤーや携帯電話に、Bluetooth通信機能を付加するワイヤレスオーディオトランスミッタ「BT-WTM01」を12月下旬に発売すると発表した。ステレオミニジャックに本製品を接続することで、Bluetooth受信機能を持つヘッドセットやスピーカーとワイヤレスで通信できる。実売想定価格は5000円前後。

 Bluetooth Ver.2.1+EDRに対応しており、消費電力が少ない省エネ設計。内蔵リチウムの待機時間は最長約300時間、連続駆動時間は最長約11時間となっている。外形サイズは70(幅)×26(高さ)×9.6(奥行き)ミリ、重量は約15グラム。microUSB充電ケーブルが付属する。充電時間は約3時間だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう