ニュース
» 2010年12月10日 19時37分 UPDATE

東芝、2011年エコポイント対象の“REGZA”「32H1S」「26RE1S/19RE1S」

東芝は、統一省エネラベル5つ星となる“REGZA”の新製品3モデル「32H1S」「26RE1S/19RE1S」を発表した。2011年以降もエコポイント対象となる。

[ITmedia]

 東芝は12月10日、液晶テレビ“REGZA”の新製品3モデルを発表した。LEDバックライト搭載の「26RE1S/19RE1S」および500GバイトHDD搭載の「32H1S」で、12月下旬の発売を予定している。各モデルともベースモデルから年間消費電力量を削減して、2011年以降もエコポイント対象となる。価格はオープンプライスで、市場価格は26RE1Sが7万5000円前後、19RE1Sが5万円前後、32H1Sが10万円前後になる見込み。

photophoto 「32H1S」(左)と「26RE1S」(右)

 26RE1S/19RE1Sは、エッジライト式のLEDバックライトを採用したスリムなデザインが特徴だ。液晶パネルはすべてIPS方式。外付けのUSB HDDに対応する録画レディーモデルで、ハブを利用すれば最大4台までHDを同時に接続できる。超解像技術の「レゾリューションプラス4」「おまかせドンピシャ高画質2」を搭載している。

 一方、32H1Sは500GバイトのHDDを内蔵するほか、外付けUSB HDDにも対応する。バックライトに従来型のCCFL(冷陰極管)を採用していることを除き、“LED REGZA”の「RE1/HE1シリーズ」とほぼ同等のスペックで、超解像技術の「レゾリューションプラス4」「おまかせドンピシャ高画質2」を搭載する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう