ニュース
» 2011年01月07日 18時41分 UPDATE

2Dもきっちり:三菱、3D対応プロジェクター「LVP-HC9000D」を正式発表 (1/2)

昨年の「CEATEC JAPAN」などで注目を集めた三菱電機の3Dプロジェクターが正式に発表された。3Dメガネや赤外線エミッターは別売の“3Dレディー”モデルという位置づけ。2月中旬に日・米・欧で同時発売する。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 三菱電機は1月6日、3D対応のSXRDプロジェクター「LVP-HC9000D/DW」を発表した。3Dメガネや赤外線エミッターは別売の“3Dレディー”モデルという位置づけで、ブラックとホワイトの2色をラインアップした。同社は、米国ラスベガスで開催中の「2010 International CES」でもお披露目を行っており、2月中旬に日・米・欧で同時発売する。

ts_hc9k01.jpg 「LVP-HC9000D」(ブラック)。ほかに「LVP-HC9000DW」(ホワイト)をラインアップする。ブラックは2月14日、ホワイトは3月中旬に発売する予定で、価格はいずれもオープンプライス。店頭では59万8000円前後になる見込みだ

 三菱電機として初めて反射型液晶パネル“SXRD”(Silicon X-tal Reflective Display)を採用したハイエンドのフロントプロジェクター。同社はエントリーモデルにDLP、ミッドレンジに透過型液晶パネルを採用しており、3種類のプロジェクター用デバイスを使い分ける珍しいメーカーとなった。

 SXRDを採用した理由については、「高いコントラスト性能と高速応答性が3Dに適していた」(同社)と説明。SXRD搭載の3Dプロジェクターは、すでにソニーとJVCが販売しているが、三菱では自社製品の特長として「2Dの画質もきっちり作り込んでいる」点を挙げる。

ts_hc02.jpgts_hc03.jpgts_hc04.jpg 光沢ブラックのボディーは、曲面を多用した流麗なデザイン

ts_hc05.jpgts_hc06.jpgts_hc07.jpg 側面にインタフェース類、上面に操作部を備える。HDMI入力は2系統。ほかにコンポーネントとコンポジット、S端子、アナログRGBを各1系統備えている

ts_hc08.jpgts_hc09.jpg 付属のリモコン

 LVP-HC9000D/DWは、3Dテレビなどと同じ“フレームシーケンシャル方式”の3D表示をサポートしている。1つのレンズで左右の目に入る映像を交互に投写し、アクティブシャッター付きのメガネを同期させて視差を得る仕組みだ。

ts_hc039.jpgts_hc010.jpg 100インチのスクリーンで3D上映のデモンストレーション。スクリーンはオーエスの“ウルトラビーズ・プレミアムグレー”を使用していた

ts_hc038.jpgts_hc032.jpg 3DはBlu-ray 3Dのフレーム・パッキングのほか、テレビ放送で使用されるサイド・バイ・サイドとトップ・アンド・ボトムに対応する(左)。映像モードは、シネマ、ビデオ、3D、ダイナミックの4種。ほかにユーザーの好みで調整した値を3つまで保存できる(右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.