ニュース
» 2011年01月25日 19時56分 UPDATE

ヤマハ、「NP-S2000」のファームウェア「Ver.1.07」を公開

ヤマハは、ネットワークプレーヤー「NP-S2000」の最新ファームウェア「Ver.1.07」を公開した。動作安定性向上のため。

[ITmedia]

 ヤマハは、ネットワークプレーヤー「NP-S2000」のファームウェアアップデートを1月20日に開始した。最新ファームウェアのバージョンは「1.07」となる。

ts_nps2k.jpg

 更新内容は、動作安定性の向上。本体操作やブラウザ操作、および一部ファイルフォーマットの動作が安定するという。なお、ファームウェアの更新にはインターネット接続環境が必要。ダウンロードおよび更新手順については、ヤマハの告知ページを参照してほしい。

 NP-S2000は、DLNAに準拠した市販のNAS(Network Attached Storage)やPCなどとネットワーク接続し、音楽ライブラリーを再生できるネットワークオーディオプレーヤー。オーディオ製品で培った技術をふんだんに投入した“ピュアオーディオグレード”だ。再生可能なフォーマットは、WAV、FLAC、MP3、WMA、AACで、24bit/96kHzまで対応している(→ヤマハから“ピュアオーディオグレード”のネットワークプレーヤー「NP-S2000」登場)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう