ニュース
» 2011年01月27日 17時40分 UPDATE

ソニー、Blu-ray Discレコーダーにムーブバック機能を追加

ソニーは、Blu-ray DiscレコーダーおよびBlu-ray Discレコーダー搭載液晶テレビ“BRAVIA”を対象に、ムーブバック機能(書き戻し機能)をソフトウェアアップデートにより追加する。

[ITmedia]

 ソニーは1月27日、Blu-ray DiscレコーダーおよびBlu-ray Discレコーダー搭載液晶テレビ“BRAVIA”を対象に、ソフトウェアアップデートによりムーブバック機能(書き戻し機能)を追加すると発表した。地上デジタル放送またはBSデジタル放送を使用したソフトウェアのダウンロードによる実施を予定している。対象製品と時期は以下のとおり。

対象製品 開始時期
Blu-ray Discレコーダー BDZ-AX2000/AX1000/AT900/AT700/AT500/AT300S 4月を目処に
BRAVIA KDL-HX80R/EX30Rシリーズ 5月を目処に

 このアップデートにより、Blu-ray Discに記録したデジタル放送番組を上記製品の内蔵HDDへのムーブバックする(書き戻す)ことが可能になる。複数のBlu-ray Discに保存した番組をいったんHDDにムーブバックし、1枚のブルーレイディスクに再編集するといった使い方を想定している。

 正式なダウンロード開始日は、「ソニー ブルーレイディスク/DVDレコーダーホームページ」または「ソニー 液晶テレビ〈ブラビア〉ホームページ」の「お知らせ」で決定次第、発表される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう