ニュース
» 2011年01月27日 21時52分 UPDATE

TOYフォーラム2011:七色の変化球が投げられる「野球盤 ドクターK」

エポック社は、さまざまな変化球が投げられる「野球盤 ドクターK」を4月に発売する。

[ITmedia]

 エポック社は、タカラトミーグループの玩具商談会「TOYフォーラム2011」で、野球盤の新作を披露した。さまざまな変化球が投げられる「野球盤 ドクターK」だ。

ts_yakyu03.jpg 「野球盤 ドクターK」

 有名な「消える魔球」、バットを飛び越える「新魔球」に続き、ついに七色の変化球に対応。その秘密は、グラウンドの下に仕込まれた磁石付きのアームだ。鉄製のボールを吸い寄せ、その軌道を変えてしまう。

ts_yakyu01.jpgts_yakyu02.jpg 磁石が前後左右に動いてボールの動きに変化をつける

 手元の「デュアル変化球レバー」はジョイスティックのように動き、左右でボールの曲がり方、前後で変化のタイミングをコントロールできる。練習次第では、カーブやシュートはもちろんカットファストボールやジャイロボール、はたまた「謎の変化球」(同社)まで投げ分けることができるという。

ts_yakyu04.jpgts_yakyu05.jpg

 「野球盤 ドクターK」は4月16日発売予定。価格は4179円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう