ニュース
» 2011年02月15日 16時16分 UPDATE

パナソニック、1TB HDD内蔵の“かんたん録画VIERA”2モデル

パナソニックは、1Tバイトの大容量HDDを内蔵したハイビジョン液晶テレビ“VIERA”R3シリーズ2機種を3月18日に発売する。

[ITmedia]

 パナソニックは、ハイビジョン液晶テレビ“VIERA”の新製品としてHDD内蔵のR3シリーズ「TH-L37R3」「TH-L32R3」を3月18日に発売すると発表した。いずれもオープン価格だが、実売想定価格は37V型が14万円前後、32V型が11万円前後。

photophoto R3シリーズの画面サイズは37V型(左)と32V型

 内蔵HDDの容量は1Tバイトで、地デジ放送は約120時間、BSデジタルでも約86時間の録画が可能となる。さらにSDスロットを搭載し、SDメモリーカードへの番組録画にも対応する。地上/BS/110度CSデジタルチューナーを2基搭載しており、番組視聴中の裏番組録画が可能だ。録画中番組の追っかけ再生、オートチャプター機能も搭載する。

 IPSαパネルは、独自アルゴリズムでコマ補間を行う120コマ/秒の倍速駆動。さらに動きの速い部分にフォーカスしたバックライト制御(黒挿入)により、残像感を低減している。さらに、LEDバックライトを採用し、1フィールドごとに検出した映像シーンに合わせてLEDバックライト光量を細かく制御する「コントラストAI機能」を搭載し、黒の引き締まった映像を実現した。

 解像度の低いSD画質放送やDVDを高解像度化処理するアップコンバーター、絵柄ごとにコントラストを調整する「コントラストマネジメント」、デジタルハイビジョン放送受信のMPEGノイズを効果的に低減する「HDオプティマイザー」など、高画質化機能を搭載する。自動的に省エネを行う「エコナビ」や、ネットワーク機能の「お部屋ジャンプリンク」「ビエラにリンク」といった定番機能も装備する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう