ニュース
» 2011年03月04日 18時06分 UPDATE

ホントに音が変わる:クリプトン、PCオーディオを音質改善するUSBケーブルを発表

クリプトンは、PCオーディオ構成におけるPCとUSB DAC/HDD/アクティブスピーカーなどとの接続で、高品質伝送を実現するHQM対応USBケーブルを発表した。

[ITmedia]

 クリプトンは3月4日、PCオーディオ用の高品質SBケーブルを3月上旬に発売すると発表した。同社のオンラインショップ限定発売で、直販価格は「UC-KS2.0(2.0メートル)」が8980円、「UC-KS1.2(1.2メートル)」が6980円、「UC-KS0.6(0.6メートル)」が5980円。

photophoto USBケーブルは2.0/1.2/0.6メートルの3タイプ(左)、接点改質剤

 同社が発売しているHQMデジタルオーディオ・システム「KS-1 HQM」(→「クリプトン、オーディオ技術を駆使したPC用スピーカー「KRIPTY/クリプティ」を発表」)のユーザーなど、一般的なPCオーディオユーザーよりも高音質を求めるプレミア志向の強い層を意識して製品化した。

 USBの技術向上を目的とする「USB-IF」が定めたUSB規格「アイパターン測定」と同等の測定設備を使って、本来の電気特性を正確にトレースする性能を引き出した。これにより、ジッター成分の少ない正確なデジタル伝送が実現し、ノイズ耐性も向上したという。

 市販されているUSBケーブルの中には、アイパターン特性に問題があり、コネクターやワイヤー構成のインピーダンス・ミスマッチによる信号のずれが発生し、ジッター特性が悪化している製品もあるという。

photo USB規格「アイパターン測定(特性比較)」。左が同社製品で大きなタイミングウィンドウと高い電圧マージンを持つ。右はアイパターン特性の悪い製品で狭いタイミングウィンドウと低い電圧マージンとなっている



 USBケーブルと同時に、音質向上をもたらす「接点改質材」(CI-KS5)も直販サイトで発売する。同社のロングセラー製品「Settenシリーズ」と内容は同等だが、PCオーディオユーザーを意識して内容量を減らし、価格を2400円に抑えた。

 USBケーブルのコネクタ部分に薄く塗布することで、金属表面の酸化皮膜を除去し、高い導通性をもつ成分の効果によりインピーダンスを低下させる。AV機器の音質向上に限らず、パソコンやモバイル製品、家電品などあらゆる機器で電気導通性を向上させるという。

 KS-1専用のキャリングバック(CB-KS1)も近日中の発売が決まった(価格は未定)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう