ニュース
» 2011年03月07日 13時40分 UPDATE

ソニー、ウィンブルドンを3D撮影し映画館などで上映

ソニーは「ウィンブルドン選手権」を史上初めて3D映像撮影し、3D設備のある映画館への生中継や3Dでのテレビ放送などを目指す。

[ITmedia]

 ソニーは3月7日、テニス4大トーナメントの1つ「ウィンブルドン選手権」を主催する全英ローンテニスクラブとオフィシャルサプライヤー契約を締結したと発表。同大会を史上初めて3D映像で撮影し、世界各地の3D設備のある映画館で生中継したり、3Dでのテレビ放送などを目指すという。

 2011年大会では、男子の準決勝および決勝、女子の決勝を3D撮影する。制作した3Dコンテンツは、SuperVision Media社を劇場配信パートナーとして、世界の3D対応映画館で上映するほか、同大会のホスト放送事業者BBCと協力して、世界各国の放送局に提供する。また、劇場配信以外の可能性も検討する。

関連キーワード

ソニー | 3D映像 | 3Dカメラ | 3D BRAVIA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう