ニュース
» 2011年03月09日 13時13分 UPDATE

パナソニック、「DiMORA」(ディモーラ)をCATVにも提供開始

パナソニックとパナソニック システムソリューションズ ジャパンは、Blu-ray Discレコーダー“ディーガ”に搭載されている遠隔録画予約サービス「DiMORA」(ディモーラ)をケーブルテレビ事業者向けに提供開始する。

[ITmedia]

 パナソニックとパナソニック システムソリューションズ ジャパンは3月9日、インターネット経由でBlu-ray Discレコーダーなどを遠隔操作し録画予約を可能にしたサービス「DiMORA」(ディモーラ)をケーブルテレビ事業者向けに拡張し、3月より受注推進を開始すると発表した。パソコン用のサイトにくわえ、携帯電話やスマートフォン用のブラウザにも対応したインタフェースも用意する。

photo CATVディモーラのスキーム図

 地上/BSデジタル放送と異なりCATVは事業者独自の番組編成を持つが、同社では複数のCS番組EPG供給会社から番組情報を調達し、CATV業者独自の番組表に基づいた遠隔録画予約サービスを提供する。標準での対応予定STBは「TZ-DCH9810」「BDW900P」「BDT910 P/M/F」の3モデルで、「TZ-DCH2000/2800/9000/9800」「HDW600 M/F」「BDW900 M/F」については別途システム構築が必要となる。

 CATVのネットワーク接続形態はさまざまな方式(FTTH、HFC、ISP接続)が混在するが、同社ではSTBを独自の方式で認証・認識し、ネットワークの差異を吸収するという。CATV独自の番組表のほか、地上デジタル区域外放送にも対応する。

 本サービスの利用契約を結んだCATV業者から随時提供開始されるため、エンドユーザーへのサービス提供時期や利用料金については、CATV業者が独自に決定する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.