レビュー
» 2011年03月31日 14時56分 UPDATE

節電体質の家にしよう:失敗しないLED電球の選び方(2) 三菱電機オスラム「PARATHOM LDA7L-H」 (1/2)

今回紹介するのは三菱電機オスラムの“PARATHOM”(パラトン)「LDA7L-H」。コストパフォーマンスが高い最新モデルの使い心地を詳しくレビューしよう。

[橘十徳,ITmedia]

 三菱電機オスラムは白熱灯のメーカーとしても知られており、LED照明についても住設用照明を含めて幅広く展開している。家庭用の一般照明タイプはそれほど多くの種類は用意されていないが、コストパフォーマンスは高く、今回紹介する“PARATHOM(パラトン)”「LDA7L-H」もヨドバシカメラマルチメディアAkibaでは1980円(購入時)と、前回紹介したNECライティングのLDA8Lに次ぐ低価格となっている。また、一部の通販サイトでは1300〜1600円程度の値を付けている店もあり、お買い得感は高い。


今回の特集で取り上げたLED電球一覧(電球色、7〜9ワットクラス) 消費電力 全光束 購入時の価格
NECライティング“LIFELED'S”「LDA8L」 7.5ワット 405ルーメン 1780円
三菱電機オスラム“PARATHOM”「LDA7L-H」 6.9ワット 405ルーメン 1980円
パナソニック“EVERLEDS”「LDA7LA1」 6.9ワット 450ルーメン 2380円
シャープ“ELM”「DL-LA42L」 7.8ワット 485ルーメン 2380円
日立アプライアンス「LDA7LA」 7.3ワット 350ルーメン 2380円
東芝ライテック“E-CORE”「LDA7L」 7.2ワット 485ルーメン 2380円
パナソニック“EVERLEDS”「LDA7L-G」 7.2ワット 390ルーメン 3480円
シャープ“ELM”「DL-LA62L」 9.8ワット 610ルーメン 4380円
東芝ライテック“E-CORE”「LDA9L」 9.4ワット 650ルーメン 4480円
パナソニック“EVERLEDS”LDA9L-H」 9.2ワット 650ルーメン 4480円
まとめ:シチュエーション別、LED電球“使える”ランキング

全長は短めだが重量が重い本体

 このLDA7L-Hは昨年10月に発売された最新モデルだ。同社の家庭用一般電球形LED電球の中ではもっとも明るく、カタログには一般電球30〜40ワット相当、床面および机上面では60ワット相当と表記されている。全光束は405ルーメンと、NECライティングのLDA8Lと同じだが、消費電力はLDA8Lが7.5ワットであるのに対して、こちらは6.9ワットと7ワットを切っている。今回の特集で紹介する10機種の中では、2番目に低い消費電力となっている。

ts_mitsubishi01.jpgts_mitsubishi02.jpg 三菱電機オスラムの“PARATHOM(パラトン)”「LDA7L-H」。全長はLED電球としては短め。大きな放熱フィンが目をひく

 サイズは、60(外径)×107(全長)ミリ。外径は標準的な長さだが、全長は短めだ。外観で特徴的なのが白い金属製の放熱フィンで、溝が深く頑丈そうな印象を受ける。グローブがガラス製のためか重量は150グラムと重く、今回紹介する中では2番目の重さだ。実際に手に持ってみても、ズッシリとした重さを感じる。ガラスを使用しているので、取り付ける際は誤って床に落下させないように十分気を付けたい。

 パッケージには調光機能付き器具や断熱材施工器具、密閉器具、非常用照明器具などに対応していないことが大きく表記されていて分かりやすい。定格寿命はほとんどのE26形LED電球と同じように、4万時間となっている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう