ニュース
» 2011年04月12日 18時46分 UPDATE

三菱、新しい映像配信サービス「GIGA.TV」に対応した“REAL”新シリーズ

三菱電機は、パーソナルサイズを中心とする“REAL”「ML/LBシリーズ」計4機種を5月10日に発売する。フェイス・ワンダワークスが4月にサービスを開始する新しい動画配信サービス「GIGA.TV」を初めてサポート。

[ITmedia]

 三菱電機は4月12日、液晶テレビ“REAL”の新製品として、パーソナルサイズを中心とする「ML/LBシリーズ」計4機種を発表した。フェイス・ワンダワークスが4月18日にサービスを開始する新しい動画配信サービス「GIGA.TV」を初めてサポートした。価格はオープンプライスで、5月10日に発売する予定だ。

ts_realp01.jpg 左上から「LCD-32ML10」「LCD-26ML10」「LCD-22ML10」「LCD19LB10」

型番 画面サイズ オートターン 実売想定価格 発売日
LCD-32ML10 32V型 7万5000円前後 5月10日
LCD-26ML10 26V型 7万円前後 5月10日
LCD-22ML10 22V型 5万円前後 5月10日
LCD19LB10 19V (手動) 4万円前後 5月10日

 地上/BS/CS110度デジタルチューナーを搭載した中小型サイズのテレビ。画面サイズは、ML10シリーズが32V型、26V型、22V型で、LB10シリーズは19V型のみ。液晶パネルの解像度はすべて1366×768ピクセルのWXGAで、バックライトにはLEDを採用している。

 いずれも「らく楽アシスト」機能群を採用しているのが特長。番組情報や操作情報を読み上げる「しゃべるテレビ」機能、番組とCMの音量差を調節する「おすすめ音量」、リモコン操作で画面の向きを変えられる「オートターン」(ML10を除く)などが上げられる。また、画面の明るさ自動調整や無操作時電源オフ、概算消費電力や省エネ度をグラフィカルに表現する「ECOメーター」などの省エネ機能を備えている。

 GIGA.TVは、テレビや携帯端末で映像コンテンツが楽しめる動画配信サービスだ。携帯電話で途中まで視聴した番組の続きを自宅のテレビで見るといった使い方が可能。決済手段は、クレジットカードのほか、携帯電話の通話料金との一括決済(NTTドコモに対応)、WebMoneyに対応している。このほか、「アクトビラ」「TSUTAYA TV」「テレビ版Yahoo!JAPAN」もサポートした。

 HDMI入力は、32V型と26V型が3系統、22V型と19V型は2系統。このほか、D4映像出力やミニD-Sub 15ピン、2系統のコンポジットビデオ入力などを備えている。SDカードスロットでは、デジタルカメラで撮影した静止画やAVCHDビデオカメラの映像をテレビ画面に表示できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.