ニュース
» 2011年04月19日 13時47分 UPDATE

テレビやLED電球も:ビックカメラ、節電家電の売り上げから1%を震災孤児支援として寄付

ビックカメラは、節電家電の売り上げの1%を震災孤児支援として寄付すると発表した。

[ITmedia]

 ビックカメラは4月18日、節電家電の売り上げ1%(店頭価格)を、東日本大震災で孤児となった子どもへの支援として、4月23日より寄付を開始すると発表した。

 各家庭の家電類を、消費電力の低い最新モデルに買い替えてもらうことで、節電を推進するとともに被災地支援を行うのが狙い。対象商品は、統一省エネラベルで星3つ以上のエアコン、冷蔵庫およびテレビのほか、LED電球、LEDシーリング、太陽光発電、省エネ内窓など1500品目以上。

 実地店舗は、「ビックカメラ」全店(直営35店舗)および「ビックカメラ.com」、「ソフマップ」対象商品取扱店(14店舗)、「ソフマップドットコム」となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう