ニュース
» 2011年04月19日 19時50分 UPDATE

ケンウッド、1DINサイズのデジタルメディアレシーバー「I-K900」

ケンウッドは、デジタルメディアの再生に特化した1DINセンターユニット「I-K900」を発売する。リアビューカメラの映像を表示することも可能だ。

[ITmedia]

 ケンウッドは4月19日、デジタルメディアの再生に特化した車載用(1DINサイズ)デジタルメディアレシーバー「I-K900」を2011年の夏に発売すると発表した。価格は4万2000円。

ts_kenwood201.jpg 「I-K900」

 本体に3インチフルカラーTFTモニターを搭載。別売りのリアビューカメラとの接続に対応し、車の後部の映像を本体のモニターで確認できる。またUSB経由でオーディオデバイスと接続ができ、iPhone/iPodやUSBメモリー内の動画や音楽ファイルの再生が可能だ。USBで再生可能な動画形式はMPEG4/WMV/H.264で、静止画はJPG/BMPに対応する。再生している映像は、I-K900のモニターへの表示だけでなく、iPhone/iPodへの出力もできる。また、I-K900には512Mバイトのメモリーを内蔵しており、USBから音楽/動画/静止画データの転送にも対応する。

 オーディオ部の最大出力は50ワット×4、周波数特性は20〜2万Hzでインピーダンスは10オーム。サイズは178(幅)×50(高さ)×158(奥行き)ミリで重量は1.1キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう