ニュース
» 2011年04月20日 11時24分 UPDATE

電力ピークをシフト:東芝、バッテリー内蔵の「REGZA」を国内販売へ

東芝は、電力供給が逼迫(ひっぱく)すると予想される夏場に向け、バッテリー内蔵のREGZAを発売する。AC電源がなくても3時間の視聴が可能。ピーク時の電力使用をさける“ピークシフト機能”を搭載した。

[ITmedia]

 東芝は4月20日、液晶テレビ“REGZA”の新製品として、バッテリーを内蔵した“ピークシフト機能搭載テレビ”を7月に発売することを明らかにした。電力供給が逼迫(ひっぱく)すると予想される夏場に向け、節電に配慮した製品を投入する。

ts_power01.jpgts_power04.jpg ピークシフト機能搭載REGZAとバッテリー

ts_power02.jpgts_power03.jpg リモコンのボタン1つでバッテリー駆動に切り替わる

 電力供給が不安定な新興国向けに販売している「POWER TVシリーズ」の技術を応用した。付属のリモコンに「ピークシフト」ボタンを装備。電力供給に余裕のある深夜などに充電しておけば、電力の使用ピーク時間帯にボタンを押すだけで、AC電源からバッテリーに切り替わり、最長3時間テレビを視聴できる。

 画面サイズは19V型。価格は未定ながら、同クラスのテレビより1万円程度高くなると予想されている。転倒防止ネジや転倒防止バンド、壁に固定するフックなど、地震による転倒を防ぐ機能も備えた。

関連キーワード

東芝 | テレビ | バッテリー | 電力 | REGZA | 地震 | 節電 | 省電力


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.