ニュース
» 2011年04月21日 15時13分 UPDATE

背面もカッコいい:家の中を持ち運べる“フリースタイルAQUOS”、「FE1シリーズ」登場 (1/2)

シャープは、家の中で持ち運べる新スタイルの液晶テレビ“AQUOS”「FE1シリーズ」を6月に発売する。チューナー部とディスプレイ部をWi-Fi接続するワイヤレステレビ。アンテナや電源のないところでもテレビを楽しめる。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 シャープは4月21日、家の中で持ち運べる新スタイルの液晶テレビ“AQUOS”「FE1シリーズ」を発表した。ブラック、ホワイト、ピンクの3色を6月1日に発売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では10万円前後になる見込みとなっている。

ts_aqfe017.jpgts_aqfe011.jpg ディスプレイ部。持ち運びが前提のため、前面はアクリル樹脂で覆われている

 チューナー部とディスプレイ部をWi-Fiで接続するワイヤレステレビ。アンテナや電源のないところでもテレビを視聴できるほか、各種ネットサービスへの接続も可能だ。生活情報の「AQUOSインフォメーション」、新着ニュースや天気予報などが閲覧できる「インターネット情報」に加え、動画配信の「Yahoo! for AQUOS」「ひかりTV」「YouTube」にも対応した。

 ディスプレイ部は大型タブレットのようなスタイル。上部にキャリングハンドル、背面には引き出し式の自立用スタンドを備えており、重量は約3.3キログラム。女性でも手軽に持ち運べるレベルだ。また、オプションとして“壁掛けフック”(AN-20WL1、6300円)も用意した。

ts_aqfe014.jpgts_aqfe015.jpgts_aqfe016.jpg ブラックの背面。背面にはシボ加工を施し、後ろから見てもスタイリッシュに仕上げた

ts_aqfe08.jpgts_aqfe010.jpg ピンクの背面。側面にはミニHDMI端子などを搭載(左)。スピーカーは横向き(右)

 画面サイズは20V型で、UV2A技術を採用した液晶パネルとエッジ式のLEDバックライトを搭載している。パネル解像度は1366×768ピクセル。背面のステレオスピーカーは横向きに配置され、壁掛けにした場合でも音がこもりにくい。側面にはミニHDMI端子をはじめ、静止画/音楽再生用のUSB端子、ヘッドフォン出力などを備える。内蔵のバッテリーでおよそ3時間の連続動作が可能だ。


ts_aqfe012.jpgts_aqfe013.jpg オプションの「壁掛けフック」。ディスプレイ部のハンドルをかけると、上部にフックが飛び出してロックする仕組みだ

 一方のチューナー部は、外付けHDDのような箱形のスタイル。地上/BS/CS110度デジタルチューナーを1基搭載し、USB接続の外付けHDDにデジタル放送を録画する機能も備えた。頻繁に視聴する番組を自動録画してくれる「常連留守録」や「見つかる!番組自動検索」といった機能も搭載。もちろん録画した番組もワイヤレスで視聴できる。

 DLNAの「ホームネットワーク」もサポート。AQUOSブルーレイなどサーバ機能を持つレコーダーやPCとルータ経由で接続すれば、動画や静止画、音楽をディスプレイで再生できる(サーバ機能は持たない)。

ts_aqfe06.jpgts_aqfe07.jpg チューナー部と背面インタフェース。USB端子で外付けHDDへの録画も可能になっている。なお、エレコムからFE1シリーズのチューナー部と同サイズの外付けHDDが発売される予定だ

 映像のワイヤレス伝送には、IEEE 802.11nの5GHz帯を使用する(19チャンネルを自動設定)。再圧縮はかけず、DLNAとDTCP over IPを用いてMPEG-2 TSをそのまま伝送するスタイルだ。なお、チューナー部はルータの機能は持たないブリッジタイプのため、宅内のルータとは有線LANで接続する必要がある。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう