ITmedia NEWS >
ニュース
» 2011年04月21日 16時12分 公開

エントリーモデル:ロジクール、“Ultimate Ears”のカラフルなカナル型イヤフォンを発売

ロジクールは、“Ultimate Ears”ブランドのカナル型イヤフォン2モデルを発売する。

[ITmedia]

 ロジクールは4月21日、“Ultimate Ears”(アルティメット イヤーズ)のエントリー向けカナル型イヤフォン「Ultimate Ears 100 Noise-Isolating Earphones」(UE100)と「Ultimate Ears 200 Noise-Isolating Earphones」(UE200)の2モデルを発表した。いずれもオープンプライスで、同社ECサイト「ロジクールオンラインストア」の直販価格はUE100が1980円、UE200が2980円だ。

 UE100は、デザインにCDジャケットなどのデザインを手がけるチャック・アンダーソン(Chuck Anderson)によるアートワークと、ロックスターフォトグラファーのグレッグ・ウォーターマン(Greg Watermann)の写真を採用。クリムゾンロック、ブルーステージ、ネオンライト、ピンクヘイズ、ジェイドギターの5種類をそろえた。

「Ultimate Ears 100 Noise-Isolating Earphones」(UE100)。左からクリムゾンロック、ブルーステージ、ネオンライト

ピンクヘイズ(左)、ジェイドギター(右)

 再生周波数は20〜2万Hzでインピーダンスは16オーム。24dBの遮音性を備え、通勤、通学時といった混雑した電車やバスの中でも、音漏れを気にせずに使用できるという。ケーブル長は115センチで重量は12グラム(ケーブル含む)。XS、S、Mのシリコンイヤーチップが付属する。

 一方のUE200は、パープル、ブラック、ブルー3種類のカラーバリエーションをラインアップ。汗などへ強い耐久性をもつため、運動時の利用にも適しているという。

「Ultimate Ears 200 Noise-Isolating Earphones」(UE200)。左からパープル、ブラック、ブルー

 再生周波数は20〜1万5000Hzでインピーダンスは16オーム。ケーブル長は115センチで重量は11グラム(ケーブル含む)となっている。XXS、XS、S、M、Lのシリコンイヤーチップのほか、キャリングケースが付属する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.