連載
» 2011年04月28日 20時08分 UPDATE

橘十徳の「自腹ですがなにか?」:小銭いらずで快適スポーツ、腕時計型の電子マネー「イーマネーバンド」 (1/2)

今回紹介するのは、バンド型の電子マネー「イーマネーバンド」。腕時計のようなバンドに電子マネーの「Edy(エディ)」を搭載したこのアイテムは、財布を持たなくても買い物ができてしまうスグレモノだ。

[橘十徳,ITmedia]

 今年の冬は寒さが厳しくてランニングをサボりがちだったが、気温もかなり上がってきたのでランニングへの意欲が復活してきた。ただ、暖かくなると心配になるのが水分補給だ。ワタクシの場合、水筒を持って走るのはわずらわしいので、自動販売機やコンビニでスポーツ飲料を買っているのだが、ここで悩ましいのがポケットの中でジャラジャラと鳴る小銭である。仕方ないのでコイン同士がぶつかり合わないように何枚かをまとめてセロハンテープで貼り付けたりしていたが、実に面倒くさい。

 この状態を解消すべく、一時期は電子マネーの機能を持ったクレジットカードを持ち運ぶことも考えたが、紛失の危険があるし、汗で濡らさないように袋などに入れるのもわずらわしい。なんとかもっとスマートな方法はないかと以前から考えていたのだが、最近になって面白い商品が登場した。東京都墨田区にある玩具会社、ハシートップインが発売した「イーマネーバンド」だ。

ts_top01.jpgts_top013.jpg 「イーマネーバンド」、パッケージはコンパクトだ

 この商品は、プリペイド型電子マネー「Edy(エディ)」の機能を搭載した腕時計型のバンド。バンドを手首に巻いて内蔵されたチップにあらかじめお金をチャージ(入金)しておけば、Edyに対応した自動販売機やコンビニで自由に商品を買える。これなら小銭を持つ必要がなく、腕にはめるだけですぐに走り出せるわけだ。身に付けるものを最小限にとどめたいランナーにとっては、小銭を持たなくて済むというのは実にありがたい。これならランナー待望の“”財布レス・ランニングが実現するわけだ。

5種類のカラーから選択可能

 材質はシリコンで、カラーはブラック・ホワイト・オレンジ・グリーン・ピンクの5種類と多彩だ。派手な色は苦手なのでブラックかホワイトのどちらかに絞ったが、通販サイトを色々と調べてみると、ブラックが欠品となっている店がけっこう多い。まあブラックなら、パッと見は腕時計っぽく見えるので違和感がなく、これが一番人気というのも頷ける。

ts_top02.jpgts_top05.jpg 裏面からはFeliCaチップが見える

 逆にホワイトはどうも人気がいまひとつのようで、Amazon.co.jpを見てみると5色の中でもホワイトだけが妙に安く、税・送料込みで2564円だった。この安さにつられて思わずホワイトを買ってしまった。ただし理由は価格だけではない。ワタクシの場合、ランニング中は必ず左腕に腕時計をすることにしているので、イーマネーバンドを着けるとすれば腕時計を付けているのとは反対の右腕になる。ブラックだと左右にひとつずつ腕時計を付けているように見えてしまうので、なんとなく間抜けな感じになってしまうかも、と思ったのだ。

 さて、届いたパッケージを見ると、細長いクリアケースにイーマネーバンドが収められている。Edy対応のFeliCaチップが収納されている中央の円形のケースは、実際に見るとなかなか大きめだ。商品サイズは40×10×250ミリだが横から見るとけっこう厚みがある。円形ケースの中央には電子マネーのマークが書かれている。

 シリコン製のバンドは柔らかく肌触りもなかなかいい。FeliCaチップが入っている透明な樹脂ケースはバンドから簡単に取り外せるようになっているので、汗で濡れた場合は取り出してバンドだけを丸洗いすることも可能だ。また、ケース自体もコインで開けられるようになっており、中からFeliCaチップを取り出してケースを洗うこともできる。

関連キーワード

腕時計 | Edy | 電子マネー | ジョギング | FeliCa


       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.