ニュース
» 2011年05月10日 13時49分 UPDATE

PMCの創業者がチューニングしたトールボーイ「PB1i-Signature」、ヒビノから

ヒビノインターサウンドは、英PMC製のトールボーイ型スピーカー「PB1i-Signature」を発売する。同社の創設者で設計者でもあるピーター・トーマス氏によるチューニングを施したシグネチャーモデルだ。

[ITmedia]

 ヒビノインターサウンドは5月6日、英PMC製のトールボーイ型スピーカー「PB1i-Signature」を発売した。価格はペアで115万5000円。希少数量の限定販売となる。

ts_3384.jpg 「PB1i-Signature」

 PMC製トールボーイ型スピーカーの最上位モデル「PB1i」をベースに、同社の創設者で設計者でもあるピーター・トーマス氏によるチューニングを施したシグネチャーモデル。

 170ミリ径のウーファーを2基搭載した3ウェイスピーカーとなっており、キャビネット内部は同社独自のエンクロージャー構造技術“ATL構造”を採用。トゥイーターは27ミリ径で、ノルウェーのSEARSと共同開発した「SONOLEXソフトドーム」を使用し、75ミリ径のスコーカ―とともにシャープな中高域を再生するという。

 周波数特性は24〜2万5000Hzでクロスオーバー周波数は300Hz、3800Hz、インピーダンスは6オーム。本体サイズは、204(幅)×1084(高さ)×401(奥行き)ミリで重量は26キロ(1本、スペーサー含まず)となっている。

関連キーワード

スピーカー | トールボーイ | 創業者


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう