ニュース
» 2011年05月11日 20時58分 UPDATE

三菱電機、省エネ実験住宅「大船スマートハウス」を開設

三菱電機は、神奈川県鎌倉市大船に建設した「大船スマートハウス」でスマートグリッドの実証実験を開始した。

[ITmedia]

 三菱電機は5月11日、神奈川県鎌倉市大船に建設した「大船スマートハウス」で“スマートグリッド”に対応したHEMS(Home Energy Managemet System)の実証実験を、5月より開始すると発表した。

ts_mitsubishi01.jpg 「大船スマートハウス」の外観

 スマートグリッドとは、通信機能をもった電力計やソフトウェアを使い、電力の使用量にあわせて供給側と需要側双方から、配電量を自動でコントロールする次世代送電網。

 実証実験のために設置された大船スマートハウスには、太陽光/太陽熱、自然風利用システムのほか、給湯器、温水床暖房、LED照明などの高効率住宅設備および電気自動車、蓄電池などを配備。加えて、スマートグリッドに対応したHEMS(Home Energy Managemet System)により電力を管理、コントロールすることで、生活パターンにもとづく節電やピークシフト制御、自然エネルギーの活用システムの開発、実証するという。

 そのほか、宅外と連携して遠隔監視、地域情報配信などを行うホームゲートウェイを設置。スマートハウス居住者の評価を取り入れたアプリケーションの自動ダウンロード機能などの実験も行う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう