ニュース
» 2011年05月17日 22時15分 UPDATE

片耳タイプもあり:micro USB接続のスマートフォン専用マイク付カナル型イヤフォン3シリーズ

エレコムは、音声入出力対応micro USB端子をもつスマートフォン専用のマイク付カナル型イヤフォン3シリーズを発売する。うち、2シリーズは両耳タイプ、1シリーズは片耳タイプとなる。

[ITmedia]

 エレコムは5月17日、スマートフォン専用のマイク付カナル型イヤフォン3シリーズを発表した。価格は両耳タイプとなる「EHP-MBIN100」シリーズおよび「EHP-MBIN103」シリーズは2100円、片耳タイプの「EHP-MBIN101」シリーズは1890円。5月下旬に発売する。

 いずれも、NTTドコモの「MEDIAS N-04C」などの音声入出力対応micro USB端子を持つスマートフォンと接続するカナル型イヤフォンで、対応機種は同社サイトの“携帯電話対応ヘッドフォン対応表”から確認できる。

 コード部には、着信応答/通話終了のボタンを備えたマイク内蔵のコントローラーを装備。また、コードには収納時のヘッドフォンのぶらつき、コードの絡まりを防ぐスライダーが付属する。

ts_100bk.jpgts_100bl.jpgts_100pu.jpg 「EHP-MBIN100」。画像は左からブラック、ブルー、パープル

ts_103gn.jpgts_103pn.jpgts_103pnkl.jpg 「EHP-MBIN103」。画像は左からグリーン、ディープピンク、ライトピンク

 ステレオ対応の両耳タイプとなるEHP-MBIN100シリーズは、ボディカラーを統一したシンプルなデザインで、カラーバリエーションはブラック、パープル、ブルー、レッド、ピンク、ホワイトの6色をラインアップ。サイズは14(幅)×14(高さ)×22(奥行き)ミリ。重量は約3グラム(イヤフォン本体)となっている。

 一方のEHP-MBIN103シリーズは、ボディ中央部にサークルをあしらったツートンカラーのデザインを採用。カラーバリエーションはブラック、パープル、グリーン、ディープピンク、ライトピンク、ホワイトの6色を用意した。サイズは14(幅)×19(高さ)×21(奥行き)ミリ、重量は約3グラム(イヤフォン本体)。

ts_101bk.jpgts_101wh.jpg 「EHP-MBIN101」。ブラック(左)ホワイト(右)

 モノラル対応の片耳タイプとなるEHP-MBIN101シリーズは、カラーバリエーションはブラック、ホワイトの2種類。サイズは14(幅)×19(高さ)×21(奥行き)ミリ、重量は約2グラム(イヤフォン本体)となっている。

 3シリーズとも共通で9ミリ径のドライバーユニットを搭載し、再生周波数は20〜2万Hzでインピーダンスは16オーム。コード長は1.2メートルでXS、S、M、L、4種類のイヤーキャップが付属する。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう