ニュース
» 2011年05月23日 21時45分 UPDATE

落ち着いた色です:パナソニック、家具調ラックシアター「AC-HTF5」に新色ダークウッド

パナソニックは、家具調デザインを採用したラックシアター“サウンドボード”「AC-HTF5」に新色“ダークウッド”を追加する。

[ITmedia]

 パナソニックは、家具調デザインを採用したラックシアター“サウンドボード”「AC-HTF5」のラインアップに新色“ダークウッド”を追加、6月3日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭では6万円前後となる見込みだ。

ts_pana01.jpg “サウンドボード”「AC-HTF5」。追加された新色“ダークウッド”

 昨年8月に発売した「ミディアムウッド」「ライトウッド」がカジュアルなイメージだったのに対し、新色「ダークウッド」は落ち着いた雰囲気のインテリアにも合う。サイズや基本性能は従来機と同じで、竹繊維振動板を採用したフロントスピーカーや2つのユニットを対向配置する「デュアルドライブ」方式のウーファーを搭載。人の声は聴き取りやすくする「新・明瞭ボイス」も備えている。

 インタフェースは、HDMI入出力を各1系統と光デジタル入力が1系統。HDMI入力は、3DやARC(オーディオリターンチャンネル)をサポートしており、ARC対応テレビとの組み合わせならHDMIケーブル1本で接続できる。

 本体サイズは1070(幅)×444(高さ)×350(奥行き)ミリ、重量は約34キロ。HDMIケーブル、電源コード、リモコンなどが付属する。

関連キーワード

パナソニック | AVラック | 家具 | 新色 | HDMI |


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう