ニュース
» 2011年06月02日 18時56分 UPDATE

ホテルや旅館の地デジ対策に、センチュリーの「活かしてアナログ」

センチュリーは、既存のアナログテレビでも地上デジタル放送などが視聴できるようにする変換装置「DA-11」を発売する。

[ITmedia]

 センチュリーは6月1日、アナログテレビで地上デジタル放送が視聴できる「活かしてアナログ」を6月下旬に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、店頭では45万円前後となる見込みだ。

ts_ikashiteanarogu.jpg 「活かしてアナログ」

 コンポジットビデオ入力をアナログテレビ信号(VHF帯)の信号に変調し、アンテナ出力として出力するコンバーター。ビデオ入力端子を11基搭載しており、各入力に地デジチューナーやBS/CSデジタルチューナー、BD/DVDプレーヤーなどを接続することで、最大11まで自由にチャンネルを構築できる。また本機を分配器と接続すれば、多数のテレビを一括設定可能。ホテルや旅館、アミューズメント施設などが保有する多数のアナログテレビを更新せず、地デジ対策となる。

 インタフェースは、コンポジットビデオ入力(RCAコネクター)×11、ステレオ音声入力(RCAコネクター)×11のほか、アンテナ入力(F型コネクター)×1、アンテナ出力(F型コネクター)×1を備える。サイズは400(幅)×70(高さ)×230(奥行き)ミリで重量は約3.2キロ。専用電源ケーブルを同梱(どうこん)する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう