ニュース
» 2011年06月06日 19時34分 UPDATE

リア充ホイホイ:東京スカイツリーに行くなら? 20代男性「恋人と」、女性「友達と」

ライフネット生命は、「東京スカイツリーに関する調査」を実施。その結果、7割超の人が完成後に実際に訪れたいと回答したという一緒に行きたい人や展望台から見てみたいものについての調査も行っている。

[ITmedia]

 ライフネット生命保険は6月6日、「東京スカイツリーに関する調査」についての結果を発表した。それによると、「完成後に実際に訪れたい」と考えている人は7割を超えているという。

ts_lifenet01.jpgts_lifenet02.jpg 「東京スカイツリーに関する調査」。「東京スカイツリー建設に対する気持ち」(左)「東京スカイツリー完成後に訪れたいか」(右)出典:ライフネット調べ

 「東京スカイツリー建設に対する気持ち」では、「とても心が躍る」と答えたのは19%、「どちらかといえば心が躍る」と答えたのは39.9%となっており、東京スカイツリーの建設そのものへの関心は合計58.9%に収まっている。しかし、「完成後、実際に訪れたいか」では、「是非訪れてみたいと思う」と答えたのが37.7%、「やや訪れてみたいと思う」と回答したのは40%と、合計で77.7%もの人が実際に訪問を希望していることが分かった。

ts_lifenet03.jpgts_lifenet04.jpgts_lifenet05.jpg 「東京スカイツリーに一緒に訪れたい人」(左)同年代別調査(中)同20代男女別調査(右)

 「訪れてみたい」と回答した777名を対象に、誰と一緒に訪れたいかを単一解答形式で質問した結果、全体では「配偶者(夫または妻)と子ども」(23.7%)が最も多く、続いて「恋人」(19.4%)、「同性の友達」(17.5%)となった。年代別でみると、10代は「同性の友達」、20代「恋人」、30/40代は「配偶者(夫または妻)と子ども」がそれぞれ3割超で1位となったという。

 「10代は友達と訪れるプレイスポット、20代は恋人と訪れるデートスポット、30/40代は家族全員で訪れるレジャースポットとして期待を寄せている様子が見られます。また、20代男女を比較すると、男性1位は『恋人』(45.8%)、2位が『同性の友達』(19.4%)となっていますが、女性は1位が『同性の友達』(34.9%)、2位に『恋人』(27.7%)と逆転。20代は女性より男性のほうが、東京スカイツリーをデートスポットとして期待を寄せているようです」(同社)

ts_lifenet06.jpgts_lifenet07.jpg 「東京スカイツリー展望台から見てみたいもの」(左)「東京スカイツリーをライトアップしてほしいタイミング」(右)

 また、実際に展望台から見たいものを全員に複数回答形式で質問すると、全体では「富士山」(76.4%)が1位、次いで「東京タワー」(52.7%)、「東京湾」(35.1%)となった。「半径約数10キロが見渡せる日本一の高さの展望台からは、日本一の高さの山を眺めたいと考えるひとが多いようです」(同社)

 加えて、単一解答形式で質問した「東京スカイツリーを最も豪華にライトアップしてほしいタイミング」では、「クリスマス・イブ(12月24日)」(39.3%)が大晦日(17.7%)とダブルスコアをつけて1位。そのほか、「正月(1月1日)」(17.3%)、「クリスマス(12月25日)」(13.9%)が続くかたちとなった。「例年、街がイルミネーションで彩られるクリスマスシーズンにライトアップしてほしいとの希望が集中しました」(同社)

 今回の調査は、全国の15〜59歳の男女1000名(男性500名、女性500名。年代別10代〜50代まで各200名)を対象にモバイルリサーチで実施した。調査期間は2011年2月25日〜2月28日。

ts_skyt01.jpg 台東区側から見た東京スカイツリー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう