ニュース
» 2011年06月15日 21時02分 UPDATE

夜間充電も可能:東芝、バッテリー内蔵の“REGZA”「19P2」を正式発表

東芝は、同社液晶テレビ“REGZA”の新製品として、AC電源に加え内蔵バッテリーパックによる駆動を実現した「レグザ 19P2」を発売する。

[ITmedia]

 東芝は6月15日、液晶テレビ“REGZA”の新製品としてAC電源のほか、内蔵バッテリーパックによる駆動を実現した「レグザ 19P2」を7月上旬に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、店頭での価格は5万円前後となる見込みだ。

ts_19P2mae.jpgts_19P2usiro.jpg 「レグザ 19P2」。背面にバッテリーパックを搭載する(右)。なお、バッテリーパックは、単体でも発売される予定だ(8月上旬)

 地上デジタルチューナーを1基搭載した19V型液晶テレビ(BS/110度デジタルチューナーは未搭載)。内蔵バッテリーパック駆動による「電力ピークシフト機能」と、消費電力を約18%削減できる「節電モード」が特長となっており、両モードともリモコンからワンボタンで切り替えが可能だ。付属のバッテリーパックは、約5時間の充電で約3時間の連続視聴に対応。さらに、節電モードと併用すれば最大約4時間まで利用できる。また、バッテリーパックへの充電はテレビ本体の電源がオフ(スタンバイ)の時に行われるほか、電力需要が比較的少ない夜間(22時〜翌9時)の時間帯に充電する「夜間充電モード」も搭載した。

 また、ワンセグチューナーを内蔵しているので、停電時でも付属のアンテナを使えばワンセグ放送が視聴可能。そのほか、卓上スタンドに3種類の転倒防止機能をするなど、非常時の運用や安全性の考慮もされている。

 インタフェースはHDMI入力を1系統のほか、D4映像入力×1、D4入力用音声入力×1、ビデオ入力×1、ヘッドフォン出力×1、USBポート×1、電源入力×1、アンテナ入力×1、B-CASカードスロット×1を備える。

 サイズは45.4(幅)×34.2(高さ)×20.4(奥行き)ミリで、重量は5キロ。「シンプルレグザリモコン」のほか、バッテリーパック、B-CASカード(地上デジタル専用)、ワンセグ用アンテナ、ACアダプター、電源コード、転倒防止用品(クリップ×1、ひも×1、木ネジ(大)×1、木ネジ(小)×2)が付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.