ニュース
» 2011年06月16日 23時35分 UPDATE

東京おもちゃショー2011:今年のトレンドは「エコ」「スカイツリー」「大人向け」――東京おもちゃショー開幕

東京ビッグサイトで「東京おもちゃショー2011」が開幕した。会場では世相を反映して「エコ」を意識したおもちゃや、「東京スカイツリー」関連のおもちゃが注目を集める一方、大人も楽しめるようなおもちゃも多数出展されている。

[池田憲弘,ITmedia]

 国内最大級の玩具専門展示会「東京おもちゃショー2011」が、東京ビッグサイトで開幕した。海外16社を含む132社が出展。展示会場には約3万5000点に及ぶ玩具の新製品が並んだ。6月17日までは商談見本市で一般の入場が制限されるが、18、19日は入場無料で一般公開される。入場者数は昨年と同様、約16万人となる見込み。この記事では、会場内部の様子や見どころをリポートする。

 1Fの会場に入ると、2011年10月から放送開始のテレビアニメ「ガンダムAGE」のブースが目に飛び込んでくる。ブースの入り口には「ガンダムAGE-1 ノーマル」の像が飾られ、アーケード用デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」の体験用筐体が10台用意されるなど、見どころが豊富だ。

photophoto ガンダムAGEのブース。「ガンダムAGE-1 ノーマル」の像が飾られている(写真=左)。「ガンダムトライエイジ」の体験用筐体が10台も(写真=右)(c)創通・サンライズ・毎日放送

 バンダイブースには、初代から現在までの戦隊モノのスーパーヒーローの像が展示された区画がある。その数なんと35シリーズ。最新シリーズ以外は全てリーダーのレッドのみの展示だが、40体もスーパーヒーローが並ぶと迫力がある。会場では多くの人が写真を撮るために足を止めていた。ぜひ会場に足を運んで実際に見てみてほしい。

photophoto バンダイブースの入り口。戦隊モノのスーパーヒーローの像が展示されている

完成間近の「東京スカイツリー」関連商品が続々

 2012年5月22日に開業することが決定した「東京スカイツリー」に関連した玩具が多数出展されているのも見どころだ。2011年のおもちゃ大賞を受賞した「nanoblock 東京スカイツリー」(河田)をはじめ、バンダイブースには「1/700スケール 東京スカイツリー」、ジョイパレットのブースには「1/1000 スカイツリー」が展示されるなど、おもちゃ業界でも「東京スカイツリー」はトレンドとなっている。

photophotophoto 「nanoblock」で作られた東京スカイツリー。商品に比べて非常に大きい(写真=左)。バンダイの「1/700スケール 東京スカイツリー」(写真=中央)。ジョイパレットの「1/1000 スカイツリー」(写真=右)(c)TOKYO-SKYTREE

レゴで「松江城」を忠実に再現

 レゴジャパンのブースには、レゴブロックで作られた「松江城」が展示されていた。おもちゃショー開催初日である16日に完成披露会が行われた。

photophoto レゴのブースの様子(写真=左)。ブース内で完成披露会が行われた(写真=右)

 この作品は、高さ約1メートル、幅約90センチという実物の約30分の1スケールの松江城。レゴジャパンが島根県松江市の「松江開府400年祭推進協議会」と共同で開催するイベントである「レゴブロックで創る、50年後の城下町松江」に展示する予定で、約2万5000ピースのレゴブロックを使用している。なお、この「松江城」は残念ながら週末の一般公開では見ることができない。2011年7月23日〜8月31日まで開催されている「レゴブロックで創る、50年後の城下町松江」で展示されるので、実物を見たい方はそちらをチェックしてほしい。

photophoto レゴブロックで作られた「松江城」。製作には約2カ月かかったという
photophoto 瓦や壁、石垣や窓など細部まで作り込まれている。なんと設計図なしで作ったらしい

世相を反映した「エコ」なおもちゃ、大人も楽しめる最先端のおもちゃも

 おもちゃショーでは、昨今の電力不足に対応したおもちゃが多数出展されている。車を前後に動かすことで発電する「エコロ」(メガハウス)に代表されるような、「エコ」をキーワードに挙げるおもちゃや、電気を使わないボードゲームにも注目が集まっている。また、最先端のおもちゃとしては、AR(拡張現実)を用いて釣りが体験できる「バーチャルマスターズリアル」(タカラトミー)や、子供用の本格派デジカメ「本当に撮れる!しゃべる!アンパンマン はじめてデジカメ」(アガツマ)などが挙げられる。これらの製品は人気があり、週末の一般公開では混雑が予想される。

photophoto ARを使った釣りを楽しめる「バーチャルマスターズリアル」。実際の釣りと同じような感覚が味わえるという。記者も試したが、魚が抵抗してリールが巻きづらくなるなど、細部まで作り込まれているように感じた(写真=左)。「本当に撮れる!しゃべる!アンパンマン はじめてデジカメ」は子供用ながら、30万画素、オートホワイトバランス、セルフタイマー機能などを備える本格派のデジタルカメラだ(写真=右)(c)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

 東京おもちゃショー2011の会期は、6月19日(日)まで。今年度のおもちゃ大賞の受賞作も全て展示されている。週末の一般公開では、イベントステージでポケットモンスターやスーパーヒーローのキャラクターショーが多数用意されているほか、戦場カメラマンの渡部陽一さんのトークショーも開催される。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.