ニュース
» 2011年06月20日 18時41分 UPDATE

従来モデル比約1.7倍:シャープ、光が横にも拡がるE26口金のLED電球2モデル

シャープは、水平方向の明るさが従来モデルより約1.7倍向上した、E26口金タイプのLED電球2モデルを発売した。昼白色相当の「DL-LA51N」および電球色相当の「DL-LA44L」をラインアップ。

[ITmedia]

 シャープは6月17日、E26口金タイプのLED電球を発売した。昼白色相当の「DL-LA51N」および電球色相当の「DL-LA44L」の2モデルをラインアップ。いずれも価格はオープンプライスで、店頭では3300円前後となる見込みだ。

ts_sh_led.jpg 「DL-LA51N」(左)「DL-LA44L」(右)

 DL-LA51Nは全光束530ルーメン、DL-LA44Lは全光束430ルーメンのLED電球。両モデルともに、新開発の「光拡散レンズ」を搭載し、直進性の強いLEDの光を広範囲に展開できるようになった。同社によると、現行モデル「DL-LA44L」「DL-LA32L」と比べ、水平方向の明るさが約1.7倍になったという。加えて、光の拡散性が高い樹脂製の電球カバーを採用しており、点灯時、まぶしさ感を抑えながら光を滑らかに展開するので、シェード(かさ)付きの照明器具に取り付けた場合でも、明るさ感が向上しているという。

 そのほか、同社独自の放熱設計により、密閉型器具への装着にも対応。消費電力は8ワットとなっており、1日10時間、1か月(30日間)使用した場合でも電気代は約53円となる。

関連キーワード

LED電球 | シャープ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう