ニュース
» 2011年06月20日 21時00分 UPDATE

東芝、シンプルでスリムな筐体を採用したCDラジオ「TY-CR20」

東芝エルイートレーディングは、シンプルでスリムな筐体を採用したCDラジオ「TY-CR20」を発売する。

[ITmedia]

 東芝エルイートレーディングは6月20日、シンプルでスリムな筐体を採用したCDラジオ「TY-CR20」を7月1日に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、店頭では5000円前後となる見込みだ。

ts_tycr20.jpg 「TY-CR20」

 外部入力も可能な1.2ワット+1.2ワットのステレオスピーカーと、シンセサイザーチューナーを搭載したCDラジオ。本体奥行きは65ミリと薄型で、操作ボタンを上面、電源および入出力端子を背面ではなく側面に配置した、使い勝手と設置性を考慮したシンプルなデザインとなっている。また、フロント部にはCD演奏時間やラジオ周波数など、8桁の数字を表示できる液晶画面を装備した。

 ラジオ部は、ボタン操作で簡単に選局できる「プリセット/サーチ選局」を搭載。CDプレーヤー部は市販のCDソフトのほか、CD-R/RWの再生が可能で、語学学習などに便利な「リピート再生」「プログラム再生」「ランダム再生」といった再生機能を用意した。

 電源はAC電源のほか、単2形乾電池×6で駆動可能。同社製アルカリ乾電池を使用した場合、CD再生時は約20時間、ラジオ受信時は約50時間の連続使用ができる。

 サイズは318(幅)×162(高さ)×65(奥行き)ミリで重量は約1.5キロ(乾電池含まず)。電源コードを同梱(どうこん)する。

関連キーワード

ラジオ | 東芝 | シンプル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう