ニュース
» 2011年06月21日 21時40分 UPDATE

ユニークなリモコンアプリも:東芝、「レグザ Apps コネクト」に「RZタグラー for windows/Mac」など2アプリを追加

東芝は、同社が提供する家電向けクラウドサービス「レグザ Apps コネクト」の新アプリとして、「RZタグラー for windows/Mac」および「RZアートリモコン for Android」を公開した。

[ITmedia]

 東芝は6月21日、スマートフォンやPCなどで同社のテレビやレコーダーを操作する「レグザ Apps コネクト」の新アプリとして、「RZタグラー for windows/Mac」および「RZアートリモコン for Android」の2アプリを公開。無償で配信を開始した。

ts_img_rztagler_pc_01.jpgts_img_rztagler_pc_02.jpgts_img_rztagler_pc_03.jpg 「RZタグラー for windows/Mac」。タグ作成機能では、タグリスト一覧(1)タグ一覧(2)タグメモ(3)が一覧表示可能(左)。本体タイトル情報では、タグメモ(1)からチャプター名、番組情報などを対応機器側と双方向コピー(2)ができる(中)。「ネットdeリモコン/キーボードリモコン」の画面(右)

 RZタグラー for windows/Macは、既にリリースされているスマートフォン版の機能に加え、タグリスト作成機能の大幅な強化がされたPC対応版。スマートフォンでは別画面となっていた「タグリスト一覧」から「リタグ」画面までの一覧表示に対応したほか、5バンクの「タグメモ機能」によりタグ名やチャプター名の一括取り込み/書き込みが可能となった。そのほか、対応するテレビやレコーダーをPC上からリモコン操作できる「ネットdeリモコン」機能や、PC上のキーボードに割り当てられたリモコンキーで操作する「キーボードリモコン」機能など、PCならではの仕様となっている。

ts_deza01.jpgts_deza02.jpg 「RZアートリモコン for Android」。今回リリースされるデザインバリエーションは7種類。左上からジュエリー、マジカルポップ、キルト、グリーンスペース(左)。左上からタイポ・アフリカ、浮世絵、大和絵(右)

 一方のRZアートリモコン for Androidは、イラストやアートの図柄にボタンを割り当てたリモコンアプリ。「テレビ視聴に特化したリモコン」や「録画番組の操作に特化したリモコン」を用意した。

 同アプリは機能やデザインなどの違う20種類をリリース予定で、今回は第1弾として「RZアートJP」(ジュエリー プレーヤー用)、「RZアートMT」(マジカルポップ チューナー用)、「RZアートQP」(キルト チューナー用)、「RZアートSG」(グリーンスペース チューナー/プレーヤー用)、「RZアートTA」(タイポ・アフリカ チューナー用)、「RZアートUB」(浮世絵 プレーヤー用)、「RZアートYP」(大和絵 プレーヤー用)の7種類をラインアップ。一部アプリではタッチリモコン機能のほか、インターネット上から他のユーザーが作成した、録画番組のシーン頭出しなどのタグリストをダウンロードできる「タグリストシェア」を利用できるものもある。

ts_rimokonrei.jpg リモコン画面とボタン配置例。画像は「RZアートUB」(浮世絵 プレーヤー用)のもの。アプリによって機能は異なる

 今回リリースされた新アプリの対応機種は、テレビでは「CELLレグザ」X2シリーズ、XE2シリーズおよび「レグザ」ZG2シリーズ、Z2シリーズ、ZPシリーズ。レコーダーでは「レグザブルーレイ」RD-X10、RD-BZ810、RD-BZ710、BD-BR610および「レグザハイビジョンレコーダー」RD-Z300となっている。そのほか、「ネットdeナビ」搭載のRDシリーズ(過去モデル含む)もサポートする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.