ニュース
» 2011年07月04日 20時43分 UPDATE

入場無料:今年も銀座ソニービルに“美ら海”が出現、「44th Sony Aquarium -3D 沖縄美ら海水族館-」

ソニーは、銀座ソニービル全館で、沖縄の海を模した「44th Sony Aquarium -3D 沖縄美ら海水族館-」を開催する。室内外に設置される水槽で実際の魚が見られるほか、200インチモニターで沖縄の海の生態系を3D映像で楽しめる。

[ITmedia]

 ソニーは7月4日、「沖縄美ら海水族館」の監修の元、銀座ソニービル全館で「44th Sony Aquarium -3D 沖縄美ら海水族館-」を7月18日より実施すると発表した。

ts_suizokukan.jpg 「44th Sony Aquarium -3D 沖縄美ら海水族館-」

 44回目となる「Sony Aquarium」は、今回「発見!海の中のドキドキ」をテーマに実施。イベントスペース「ソニースクエア」に設置する14トンの大型水槽にはサメや1メートルを超えるウツボ、館内2か所に設置する小型水槽では「イノー(サンゴ礁の浅い海を表す沖縄の方言)の生き物」や「カクレクマノミ」など、期間中合計約40種類、1000匹の魚が入れ替わり遊泳をするという。また、8階コミュニケーションゾーン「OPUS(オーパス)」では、200インチスクリーンに沖縄の海における生き物の生態系を3Dハイビジョン映像で紹介、上映をする予定だ。

ts_photo001.jpgts_photo002.jpg 昨年のイベントの様子

 そのほか、スタンプラリーや沖縄フェア、沖縄美ら海水族館の飼育員による「沖縄美ら海水族館出張授業」など、多くのイベントを実施。また、水槽や照明で使用するイベントの電力は、ソニービル壁面に設置する126枚の「太陽電池」および発電機による自家発電でまかない、節電も同時に実施するという。

 開催期間は7月18日〜8月31日、入場料は無料となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう