ニュース
» 2011年07月07日 23時01分 UPDATE

ソニーCSLとダイワハウス:家電をゲーム感覚で制御する「萌家電」、公開実験開始

大和ハウス工業は、ソニーコンピュータサイエンス研究所と共同で、スマートフォンのアプリを利用し、ゲーム感覚で家庭内の家電機器を制御できるシステムの公開実験を実施すると発表した。

[ITmedia]

 大和ハウス工業は7月7日、ソニーコンピュータサイエンス研究所と共同で、スマートフォンのアプリを利用してゲーム感覚で家電機器を制御できるシステムの公開実験を実施すると発表した。会場は大和ハウス東京ビル併設の「D-TEC PLAZA(ディーテックプラザ)」。期間は7月8日〜9日の2日間となっている。

ts_release_2011070702-02.jpgts_release_2011070702-03.jpg 今回の実験で使用されるスマートフォン用アプリ。「ゲームモード」(左)「リモコンモード」(右)

 今回公開されるのは、大和ハウス工業が研究している異なるメーカー間の家電や設備機器の一括操作を可能とするインターフェース「住宅API」と、ソニーコンピュータサイエンス研究所が取り組んでいるスマートフォン上でストーリゲームを制作できる開発環境「Kadecot(カデコ)」をプラットフォームに制作されたスマートフォン用のアプリ「萌家電」(もえかでん)。

 テレビやエアコンといった家電機器が擬人化、アニメキャラクターとして登場し、機器の操作や省エネのアドバイスをしてくれるという。「ゲームモード」と「リモコンモード」の2種類のモードが用意されており、ゲームモードではユーザーの家電機器の使い方をもとに様々なストーリーが展開、ゲームを通じてキャラクターが家電の効率的な使い方を楽しく指南してくれる。

 また、リモコンモードでは家電の擬人化キャラクターをモチーフとしたリモコン画面が表示され、各種家電機器のコントロールができるようになっている。加えて、モード内に用意されたゲームをクリアすることで、新たな機能が追加されるという。

ts_release_2011070702-01.jpg 今回の実証実験に活用した開発プラットフォームのイメージ

 本公開実験で使用したコンテンツ開発のプラットフォーム技術については、さまざまな企業やユーザーが利用できるように公開していく予定とのことで、今後の展開について両社は「スマートハウスに必要な『つながる』家電機器や設備機器の普及を促すとともに、企業やユーザーの積極的な参加による省エネルギー化社会の実現を目指した研究、開発を進めていく」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.