ニュース
» 2011年07月11日 21時43分 UPDATE

オンキヨー、ミニコンポ“FRシリーズ”に上位モデルを追加

オンキヨーは、同社ミニコンポ“FRシリーズ”の上位モデルとして、「X-N7NX」をベースとした「FR-N9NX/D-N9NX」を発売する。

[ITmedia]

 オンキヨーは、同社ミニコンポ“FRシリーズ”の上位モデルとして、「FR-N9NX/D-N9NX」を8月13日に発売する。センターユニットおよびスピーカーユニットはそれぞれ単品での販売となっており、いずれもオープンプライス。店頭ではセンターユニットの「FR-N9NX」が4万5000円前後、スピーカーユニットの「D-N9NX」はペアで2万円前後となる見込みだ。

ts_set.jpg センターユニット「FR-N9NX」とスピーカーユニットの「D-N9NX」に加え、オプションのデジタルメディアトランスポート「ND-S10」を併せてセットした状態

 そのほか、オプションとしてiPod/iPhoneに対応したデジタルメディアトランスポート「ND-S10」も9月2日に発売予定。こちらも価格はオープンプライスで、実売想定価格は1万5000円前後となっている。

ts_senta.jpg 「FR-N9NX」

 FR-N9NXは、CD/MDプレーヤーやFM/AMチューナーに加え、単品アンプと同設計手法を採用したディスクリート構成アンプを搭載したセンターユニット。本体は、共振に強いシャーシ構造を採用し、フロントパネルやボリュームつまみに剛性の高いアルミ素材を使用している。また、ケーブル接続部にはネジ式ターミナル(バナナプラグ対応)を備えているため、太めのスピーカーケーブルでもしっかりとホールドすることが可能だ。

 そのほか、フロント部にはUSB端子を装備。USBメモリー内のオーディオファイルの再生に加え、搭載するCD/MDプレーヤーやFM/AMチューナー、外部機器からUSBメモリーへ録音もできる(再生はMP3/WMA形式、録音はMP3形式をサポート)。

 アンプ部は、実再生時でのワイドレンジ化を実現するという独自回路技術「WRT(Wide Range Amplifier Technology)」を採用したことに加え、小音量でも豊かな音楽再生を実現するという「オプティマムゲイン・ボリューム」回路を搭載。CDプレーヤーは、MP3/WMA形式で保存されたCD-R/RWの再生に加え、記録されたCD-R/RWからUSBメモリーへの録音にも対応している。

 定格出力は19ワット+19ワット(4オーム時)で、最大出力は26ワット+26ワット(4オーム時)。インタフェースはデジタル音声入力×1、アナログ音声入力×2、アナログ音声出力×1、サブウーファープリアウト×1を備える。サイズは215(幅)×142(高さ)×359(奥行き)ミリで重量は5.2キログラム。リモコンが付属する。

ts_supika.jpg 「D-N9NX」

 スピーカーユニットとなるD-N9NXは、13センチ径のコーン型ウーファーと、上位モデルに採用されているリング型ツィーター(3センチ径)を搭載したバスレフ式の2ウェイスピーカー。ウーファーには、不職布のコットンを4層重ね、アラミド繊維を混成した新開発「N-OMF」振動板を搭載。加えて独自のバスレフ技術「AERO ACOUSTIC DRIVE(エアロ・アコースティックドライブ)」を採用したことで、音の“こもり”を解消し、よりクリアな低音再生を実現したという。またケーブル接続部には、センターユニットと同様にバナナプラグ対応ネジ式ターミナルを装備している。

 再生周波数は45〜10万Hz、クロスオーバー周波数は6000Hz。最大入力は70ワットでインピーダンスは4オームとなっている。サイズは167(幅)×299(高さ)×260(奥行き)ミリ、重量は3.9キログラム。スピーカーケーブル×2(各1.8メートル)、コルクスペーサー×8が付属する。

ts_nds10_l.jpg 「ND-S10」。本体上部にiPodを設置したイメージ

 オプションとなる「ND-S10」は、iPod/iPhoneおよびPC内のデジタルオーディオデータを、アナログ信号に変換せずにデジタル入力に対応した機器類へダイレクトに伝送できるトランスポート。本体上部にiPod/iPhoneを設置、接続できるドックコネクターを備えるほか、PC接続用のUSBポートを装備している。また、オーディオデータのほか、映像の出力もサポート。

 iPod、PC、SYNCの3種類のモードを搭載しており、いずれのモードでもiPod/iPhoneへの充電に対応。また、iPod/iPhoneとPCとの同時接続時には、同期モードを切り替えてiTuneから楽曲を入れ替えられる。本体構造は、起伏による複雑な共振を抑えるためフラットシャーシを採用し、振動によるカラーレーションを排除。また、コネクター部は独立基板上に配置し、音質に影響のある振動をコントロールしたという。

 インタフェースは、光デジタル音声出力×1、同軸デジタル音声出力×1、ビデオ出力×1、USB端子×1、専用RI端子×1。対応するiOS端末は第1〜第4世代のiPod touch、iPod Classic、第2〜第6世代までのiPod nanoのほか、iPhone3G/3GS/4で、第1世代のiPod nanoおよび第5世代のiPodは、本体のクリックホイールが機能しないなど、一部制限をうけるとのこと。

 サイズは215(幅)×40(高さ)×175(奥行き)ミリで、重量は0.7キログラム。光デジタルケーブル(0.5メートル)×1、USBケーブル(1メートル)×1、コンポジットケーブル(1.4メートル)×1、RIケーブル(0.8メートル)に加え、iPod/iPhoneの再生や一時停止、トラックの送りや戻し、iPod/PC/SYNC3モードの切り替えなどができるリモコンを同梱(どうこん)する。

関連キーワード

AVコンポ | iPod | オンキヨー | iPhone


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう