ニュース
» 2011年07月13日 12時00分 UPDATE

リモートアクセス機能を標準搭載:スマホ+テレビともバッチリ連携──NEC、高機能ルータの新モデル「AtermWR8600N」

NECアクセステクニカは、2.4G/5GHz帯同時利用に対応する無線LANルータ「AtermWR8600N」を7月下旬に発売。スマートフォンアプリ+Webカメラと連携して「留守カメラ」を容易に構築できる機能も備えた。

[ITmedia]

2.4G/5GHz帯同時利用可能、リモートアクセス機能も

photo 「AtermWR8600N」

 NECアクセステクニカは7月13日、スマートフォンやテレビとの連携機能強化した無線LANルータ「AtermWR8600N(HPモデル)」を発表、2011年7月下旬に発売する。

 AtermWR8600Nは、5GHz帯のIEEE802.11a/nと2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nの同時利用に対応する高性能志向の無線LANブロードバンドルータ。離れた場所でも電波がよく届く11n&ハイパーロングレンジと呼ぶハイパワー仕様とともに、PCのほか、スマートフォンを中心とするスマートデバイスやテレビ、レコーダーなどの家庭用AV機器との連携機能を拡充した。

 ラインアップは本体単体の「PA-WR8600N-HP」、イーサネットコンバータ WL300NE-AGをセットにした「PA-WR8600N-HP/E」、5GHz帯無線LAN通信対応のUSB子機 WL300NU-AGをセットにした「PA-WR8600N-HP/U」の3種類。価格はオープン、想定実売価格はPA-WR8600N-HPが1万円前後、PA-WR8600N-HP/Eが1万7000円前後、PA-WR8600N-HP/Uが1万3000円前後。

 本機は、最上位モデル「AtermWR8700N」と共通する2.4GHz帯と5GHz帯無線を同時に利用できる特徴とともに、リモートアクセス/DDNS機能の拡充を軸にしたスマートデバイスとの連携を強化する機能を設け、一部機能(有線LANを100BASE-TX準拠とした点など)を省くことでより購入しやすい価格帯としたのがポイントとなる。


photo テレビやレコーダーを簡単に高速無線LAN対応にする「WL300NE-AG」をセットにしたパッケージも用意する

 電波干渉が少ない5GHz帯無線(最大300Mbps)を使用できることで、ハイビジョン映像の扱いなど大容量のデータを送受信するシーンへの導入に適する。テレビやPCは5GHz帯、スマートフォンや家庭用ゲーム機などは2.4GHz帯と分けながら同時に運用でき、それぞれ2つ、合計4つのSSIDを利用できる。ビデオオンデマンド放送「ひかりTV」や「アクトビラ」など映像サービスの安定した視聴を可能とする「TVモード」を備え、一般的なネットワーク対応テレビを簡単に無線LAN対応にするイーサネットコンバータ「WL300NE-AG」をセットにしたパッケージも用意する。

 スマートフォンの利便性を高めるホームリモートアクセスを容易にする機能も拡充させた。専用の外部リモートアクセス機能「ホームIPロケーション」を無償提供し、外出先から本機固有の名称でAtermWR8600Nへアクセスできるようになった。一般的なPC向けWebカメラを接続できるUSBポートを用意し、別途無償提供されるAndeoid/iPhone対応アプリケーションを用いて留守中の自宅の様子をスマートフォンで確認する用途にも利用できるようになる。同USBポートにストレージを接続し、外出先からファイルを参照できる簡易ホームサーバ機能もこれまでと同様に搭載する。

 また、ダイナミックDNSサービスの利用範囲も広がった。これまでのNECビッグローブ提供ダイナミックDNSサービス(有償)に加え、GMOインターネット提供「お名前.com」などの独自ドメイン名の利用に対応。Wake on LAN(リモート起動)機能により有線接続したPCの電源を入れられる機能とともに、自宅サーバユーザーに対する利便性も高められた。

 無線LAN実効スループットは約93.8Mbps、有線LAN実効スループットはローカルルータ時で約94.1Mbps、PPPoE時で約93.6Mbps。利用時間帯に応じて自動的に省電力モードに移行する「ECOモード」も備える。このほかの主な仕様は以下の通り。

photophotophoto 左からAtermWR8600N、WL300NE-AG、WL300NU-AG

  AtermWR8600N
無線LAN 5GHz帯IEEE802.11a/n(W52/53/56)、2.4GHz帯IEEE802.11b/g/n マルチSSID対応(合計4つ)
アンテナ 送信2×受信2(内蔵) デュアルチャネル・ハイパーロングレンジ対応
セキュリティ SSID、WEP(152/128/64ビット)、WPA-PSK(TKIP/AES 11nはAESのみ)、WPA2-PSK(TKIP/AES 11nはAESのみ)
外部インタフェース USB 2.0×1
WAN 100BASE-TX
LAN 100BSET-TX×4
回線側機能 FTTH終端装置/外部ADSLモデム/ケーブルモデム接続、ブロードバンド接続ポート(100BASE-TX/10BASE-T)搭載、PPPoEプロトコル対応、PPPoEブリッジ対応、IPv6ブリッジ機能、PPPoEマルチセッション、VPNパススルー機能、PPPキープアライブなど
ルータ機能 ブロードバンドルータ機能、IPマスカレード(アドバンスドNAT/NAPT)、ポートマッピング(アドバンスドNATオプション)、ユニバーサルプラグアンドプレイ(UPnP)対応、アクセスポイントモード、IPパケットフィルタリング、ダイナミックポートコントロール、DHCPサーバ機能、DHCPクライアント機能、DNSフォワーディング、ダイナミックDNS機能、不正アクセス検出機能、アクセスログ機能、DMZホスティング機能、静的ルーティング(スタティックルーティング)など
簡単接続機能 らくらく無線スタート、WPS
消費電力 最大14ワット
本体サイズ 35(幅)×128(奥行き)×160(高さ)ミリ
重量 約0.4キロ(ACアダプタ除く)
発売 2011年7月下旬予定
価格 1万円前後(PA-WR8600N-HP/E:1万7000円前後、PA-WR8600N-HP/U:1万3000円前後)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう