ニュース
» 2011年07月15日 13時11分 UPDATE

エグゼモード、「aigo」ブランドに手のひらサイズのプロジェクターなど新製品を追加

エグゼモードは、中国のデジタルコンシューマー機器メーカー「Aigo Information Digital Technology」のブランド「aigo Silkシリーズ」「aigo Legacyシリーズ」から、手のひらサイズのプロジェクターなど幅広い新製品をピックアップ。国内で販売する。

[ITmedia]

 エグゼモードは、中国のデジタルコンシューマー機器メーカー「Aigo Information Digital Technology」のブランド「aigo Silkシリーズ」「aigo Legacyシリーズ」から、手のひらサイズのプロジェクターなど幅広い新製品をピックアップ。国内で販売する。

「aigo SiLKシリーズ」――手のひらサイズのプロジェクターなど2製品

 aigo SiLKシリーズからは、LED光源を採用したプロジェクター「PT6116」および「PT6219」の2製品を8月ごろにWeb限定で発売すると発表した。価格は順に2万8380円、5万6950円。

ts_pt6116.jpgts_pt6219.jpg 「PT6116」(左)「PT6219」(右)

 PT6116は、本体サイズがスマートフォン程度の大きさとなるポータブルタイプのプロジェクター。microSD/microSDHCメモリーカード内に保存したJPEG/BMP/GIF/PNG形式の静止画ファイル(1000万画素まで)にくわえ、RM/RMVB/WMV/FLV/AVI/MP4/MPEG2/3GP/DAT/ASF形式の動画ファイル(1280×720ピクセルまで)の再生をサポートする。

 輝度は10ルーメンで照射解像度は640×480ピクセル、最大50インチの画面にまで投影ができる。また、ポータブルライトやオーディオプレーヤーとしても利用可能で、MP3/WMA/APE/FLAC/AAC/AMR/M4A/RA/OGG/WAV形式の音声ファイルの再生に対応している。

 インタフェースは映像/音声出力端子、イヤフォン出力端子のほか、USB接続端子、microSD/microSDHCカードスロットを備える。サイズは58(幅)×13(高さ)×103(奥行き)ミリで重量は約80グラム。内蔵バッテリーにより駆動する。

 一方のPT6219は、据え置きタイプのプロジェクターで、天井からつりさげての投影も可能。再生対応メディアはSD/SDHCメモリーカード、USBメモリーのほか、HDMI入力、VGA入力、コンポーネント入力、映像/音声入力を経由しての外部メディアからのファイル再生もサポートする。

 再生対応ファイルは、JPEG/BMP/PNG形式の静止画ファイルにくわえ、DAT/MPG/AVI/MP4/RM/RMVB/MKV/MOV形式の動画ファイル(1920×1080ピクセル/30fpsまで)、WMA/MP3/AAC形式の音声ファイルおよびテキストファイル。

 輝度は200ルーメンで照射解像度は1024×768ピクセル、15〜200インチの画面に投影可能だ。サイズは125(幅)×55(高さ)×145(奥行き)ミリで、重量は約680グラムとなっている。

「aigo Legacyシリーズ」――ソーラー充電器など3製品

 aigo Legacyシリーズからは、ソーラー充電器の「I2911」を7月14日、モバイル充電器の「PB5000」を8月ごろ発売する。価格は順に9500円、4480円。

ts_i2911.jpgts_pb5000.jpg 「I2911」(左)「PB5000」(右)

 I2911は、4200mAhのバッテリーを搭載したソーラー充電器。ソーラーパネルおよびAC電源からの給電が可能で、ソーラーパネルでは約12時間(晴天時)、ACアダプターからは約4時間でバッテリーへフル充電できる。

 ソーラーパネルは折りたたみが可能となっており、収納時のサイズは8(幅)×13(高さ)ミリ、重量は約257グラムとなっている。

 一方のPB5000は、5000mAhのバッテリーを搭載したコンパクトな充電器。バッテリーは、USBバスパワーによる約7時間の給電でフル充電が可能だ。また、4段階のランプによりバッテリーの帯電状況を視覚的に確認できる。

 サイズは72(幅)×99(高さ)×18(奥行き)ミリで、重量は148グラム。

 いずれの製品も、各社携帯電話やモバイル端末に対応するコネクタを合計4種類同梱(どうこん)しており、docomo/SoftBank/auの携帯電話、USB mini B/USB micro B/USB Aで充電可能な機器に対応する。

ts_kenbikyou.jpg 「EV5680B」

 そのほか、デジタル顕微鏡の「EV5680B」を8月ごろに発売予定。倍率は40〜1000倍まで対応。人間工学にもとづいた接眼レンズを採用しており、レンズの傾斜可能角度は45度、回転可能角度は360度となっている。また、付属のソフトウェアにより、観察対象物のキャプチャ―や動画の撮影、サイズの計測などができる。価格は5万6950円となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう