ニュース
» 2011年07月19日 21時36分 UPDATE

DLNA1.5/AirPlay対応:デノン、ネットワーク対応のCDレシーバー「RCD-N7」にブラックモデルを追加

デノンは、ネットワークオーディオ機能を搭載したCDレシーバー「RCD-N7-k」とブックシェルフ型スピーカー「SC-N7BKEM」を8月上旬に発売する。

[ITmedia]

 デノンは、ネットワークオーディオ機能を搭載したCDレシーバー「RCD-N7-k」とブックシェルフ型スピーカー「SC-N7BKEM」を8月上旬に発売する。いずれも本体色はブラックで、2010年10月に発売されたホワイトモデルのカラーバリエーションとなる。価格はオープンプライス。店頭ではRCD-N7-kが5万5000円前後、SC-N7BKEMはペアで1万5000円前後となる見込みだ。

ts_main.jpg 「RCD-N7」および「SC-N7BKEM」

 RCD-N7-kはCDプレーヤーおよびFM/AMチューナーにくわえ、65ワット+65ワット(4オーム時)のデジタルアンプを搭載したネットワークオーディオシステム。本体上部にiPhone/iPod接続用のドックを備えたほか、フロント部にはUSBメモリーなどから直接オーディオファイルの再生ができるUSBポートを装備している。

ts_denon02.jpg スピーカー端子はバナナプラグ対応&金メッキ仕様

 ネットワーク機能は、DLNA1.5に準拠したメディアストリーミング再生のほか、インターネットラジオをサポート。LAN接続は有線にくわえ、IEEE 802.11b/gによる無線接続にも対応しており、WPSをサポートするため設定も手軽に行える。また、同社ECサイト「デノンダイレクトショップ」より、有償のオンラインアップグレードを行うことで、本機とネットワーク接続したPCやiPhone/iPod内のiTuneライブラリーを再生する「AirPlay」機能を追加できる(5250円)。そのほか、iPhoneやiPad、iPod touchから本機をコントロールできるアプリ「Denon Remote App」も利用可能。同アプリはApp Storeより無償でダウンロードできる。

 音声入出力は光デジタル入力×1、Portable入力(アナログミニジャック)×1、AUX入力×2、サブウーファープリアウト×1、ヘッドフォン出力×1、AUX出力×1を装備。サイズは280(幅)×112(高さ)×299(奥行き)ミリで、重量は4.3キログラムとなっている。リモコン、電源コード(約2メートル)、単4乾電池×2、FM室内アンテナ、AMループアンテナ、無線LAN用アンテナが付属する。

 一方のSC-N7BKEMは、上記RCD-N7との連携を想定した12センチ径コーン型ウーファーと2.5センチ径バランス型ドームツィーターを搭載した2wayバスレフ型スピーカー。最大許容入力は60ワットで、再生周波数は50〜2万Hz。インピーダンスは6オームとなっている。

 サイズは145(幅)×233(高さ)×236(奥行き)ミリで、重量は2.3キログラム。スピーカーケーブル(3メートル)×2を同梱(どうこん)する。

関連キーワード

デノン | AVコンポ | ネットワーク | AirPlay | DLNA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう