ニュース
» 2011年07月30日 15時17分 UPDATE

地デジ駆け込みで売れたもの、テレビ2.8倍、レコーダー2.9倍、チューナーは14倍

アナログ停波による地デジ化特需で、デジタル放送対応のテレビ、デジタルチューナー、レコーダーの関連3製品が大きく売り上げを伸ばした。

[ITmedia]

 全国主要家電量販店の実売データを集計する「BCNランキング」によると、テレビのアナログ停波が実施された7月24日の直前にあたる7月第3週(18〜24日)の販売台数前年同週比はテレビが218.7%、デジタルチューナーが717.4%、レコーダーは285.6%を記録するなど売上を大きく伸ばしたという。ただし7月中旬以降には品薄になった製品も多く、最大のピークは7月初旬だった。

ts_bcn01.jpgts_bcn02.jpg 薄型テレビ全体の販売台数・金額前年同期比と平均単価(左)。薄型テレビ全体の画面サイズ別販売台数構成比(右)。出典は「BCNランキング」

 薄型テレビは6月第1週には前年同週比256.6%、さらに6月最終週には同283.3%とピークを記録。その後品薄状態が広がったため売上は鈍化し、7月第3週には同218.7%になったという。また、小型テレビの販売台数構成比が急激に上昇し、30型未満の製品が7月第3週で53.4%と、2007年3月第4週以来225週ぶりに半数を超えた。

 地デジチューナーは、7月第1週に前年同週比1430.1%と14倍超の売り上げを記録した。また低価格モデルに売り切れが続発した結果、平均単価が上昇、6月最終週の税抜き4900円が7月第3週には6800円と、約1.4倍になった。

 レコーダーの前年同月比のピークは7月第1週の同296.1%。さらに、地デジ化直前の7月第3週でも勢いは大きく鈍化せず、同285.6%と高い水準を維持している。

 BCNでは、依然として地デジ対応していない世帯もあり、サブテレビのデジタル対応を進める世帯もあることから、こうした需要は8月中旬から9月あたりまで鈍化しながらも継続する、と分析している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう