ニュース
» 2011年08月05日 18時41分 UPDATE

非圧縮無線伝送:kleerを採用したワイヤレスオーディオアダプター「S5T+」と「RX1」が登場

zionoteは、ワイヤレス技術「kleer」採用のオーディオアダプター「S5T+」と「RX1」を販売開始した。iPod/iPhone/iPadとドック接続し、ワイヤレスで音楽が楽しめるようになる。

[ITmedia]

 zionoteは8月5日、楽曲データを非圧縮のままワイヤレス伝送できる「kleer」技術を採用したD&A社のオーディオアダプター「S5T+」と「RX1」を発売した。同社直販サイト「zionote Direct」の販売価格はいずれも5800円。

PhotoPhoto kleer送信機「S5T+」(左)と、受信機「RX1」(右)

 kleerは、CDの情報量である16ビット/44.1kHzを圧縮せずに、高音質で転送可能なワイヤレス技術。S5T+は、iPodやiPhone、iPadとドッグ接続が可能なkleer送信機で、各オーディオメーカーから販売されているkleer対応のヘッドフォンやイヤフォン、スピーカーなどと組み合わせて使用することができる。電源はiPhoneやiPad本体から供給されるが、kleerの特長である低消費電力動作によって動作時間が極端に短くなるようなことはないという。

 一方のRX1は、kleerの信号を受信してドッグ端子から出力する製品。iPod/iPhone/iPadを直接つなぐタイプのアンプやスピーカーに、iPhoneの代わりにRX1を接続する。特長は、iPod/iPhone/iPad本体をそのまま操作できるためリモコンが不要な点だ。例えばiPhoneにS5T+を、スピーカーにRX1を接続すると、iPhone本体を手元で操作しながら音楽を楽しめるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう