ニュース
» 2011年08月08日 20時54分 UPDATE

「とらドラ!」に採用:高品位にアニメをアップコンバート、ソニーPCLが「Real Scaling for HD」を開始

ソニーPCLは、新開発のアップコンバート技術「Real Scaling for HD」を核としたアップコンバートサービスを本日より開始した。これにより、従来と比べてさらに高品位なHDマスター制作が可能になるという。

[ITmedia]

 ソニーPCLは8月8日、新開発のアップコンバート技術「Real Scaling for HD」を核としたアップコンバートサービスを、本日より開始したと発表した。

Photo

 SDサイズの映像コンテンツをHDサイズへアップコンバートする場合、ジャギーやオーバーシュートなどが発生しやすく、とくにアニメーション作品では鮮鋭感に大きな影響を与えてしまう。今回のアップコンバートサービスは、新開発の高画質アップコンバート技術「Real Scaling for HD」を核とし、元作品のテイストをリアルに再現することが可能になったという。また、新たなジャギー低減技術の導入により、オリジナル映像がスクィーズ素材であっても違和感のないトレース線を再現してくれるとしている。

 なお、「Real Scaling for HD」はBDソフトではすでに数作品の使用実績があり、今後発売予定の「とらドラ!」(発売元:キングレコード)でも採用されている。

関連キーワード

ソニー | Blu-ray | アニメ | エンコード


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう