ニュース
» 2011年08月09日 20時46分 UPDATE

パナソニック、サムスン、ソニー、XPAND 3Dの4社が3Dアクティブメガネの標準化に合意

パナソニック、サムスン電子、ソニー、X6D Limited(XPAND 3D)は、3Dアクティブメガネに関する技術の標準化で提携することに合意した。

[ITmedia]

 パナソニック、サムスン電子、ソニー、X6D Limited(XPAND 3D)は8月9日、「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」として、民生用アクティブシャッター方式の3Dメガネに関する技術の標準化で提携することに合意したことを明らかにした。

 3Dディスプレイと3Dアクティブメガネとの間の通信方式には、Bluetoothベースの無線(RF)システムを利用するものと赤外線(IR)システムを利用するものがあるが、今回の合意はその両方式に関連するもの。今後4社は、RFシステムを利用した3Dアクティブメガネ技術のライセンス開始に向けて開発に取り組む。また、IRシステムを利用した3Dアクティブメガネ技術では、パナソニックとXPAND 3Dが共同開発したプロトコルと、サムスンおよびソニー各々が開発したプロトコルをライセンス提供する。

「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」ライセンスは、2011年9月を目処に開始予定としている。また、IRまたはRFの新プロトコル採用のユニバーサルグラスは、2011年に販売されたアクティブメガネ方式の3Dテレビとの互換性を持たせ、2012年に市場に導入予定となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう