ニュース
» 2011年08月10日 15時41分 UPDATE

設置スペースがないときは:縦置き/横置き自在のコンパクトシアター、ヤマハ「YHT-S351」

ヤマハは、コンパクトなスピーカーとアンプを採用した2.1chホームシアターシステム「YHT-S351」を9月上旬に発売する。フロントスピーカーと別体のアンプ部はどちらも縦置き/横置きをサポート。

[ITmedia]

 ヤマハは8月10日、コンパクトなスピーカーとアンプを採用した2.1chホームシアターシステム「YHT-S351」を発表した。9月上旬に発売する予定で、価格はオープン。店頭では5万円前後になる見込みだ。

ts_yhts351.jpg 「YHT-S351」

 フロントスピーカーは、95(幅)×206(高さ)×105(奥行き)ミリで、縦置き/横置きの両対応。テレビ台のスペースがなくて画面にかかってしまうような場合には、スピーカースタンドを移動して横置きにできる。

ts_yhts352.jpg フロントスピーカーを横置きにすれば、テレビの画面にかかりにくくなる

 アンプ部も縦置き/横置きの両方に対応。HDオーディオのデコーダーや5.1chアンプ、7.1ch相当のバーチャルサラウンド機能「エアサラウンドエクストリーム」といった機能を持つ。ゲームに適した専用サラウンドモードやバーチャルサラウンドヘッドフォン端子も用意している。

 メインユニットは同時発表の「YHT-S401」と共通。内蔵アンプの実用最大出力はL/R用が50ワット、サブウーファー用として100ワット(5.1chに拡張可能)。3系統のHDMI入力(3Dパススルー、ARC対応)やiPhone/iPodのデジタル接続も可能なUSB端子、FMチューナーなどを備えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.