ITmedia NEWS >
ニュース
» 2011年08月13日 14時00分 公開

あえて言おう、バラバラであると:お台場ガンダムバラバラ事件発生 「ガンダムプロジェクト2011」に急行してみた

あの実物大ガンダムがお台場に帰ってきた。今年はパーツごとの展示で、右手に座ることもできる。さらにできるようになったな、ガンダム!

[山本恵太,ITmedia]

 実物大ガンダムがお台場に帰ってきた。今年はパーツごとの展示となり、右手は自由に触ったり、座って記念撮影をすることができる。オープンに先立って行われたプレス向け撮影会の様子を写真リポートでお届けする。

 展示されているのは頭、肩、フンドシ、アンクルガードなど全14パーツ。すべて地上に置かれており、間近に見ることができる。頭パーツの隣には人力発電体験エリアがあり、自転車をこぐことでガンダムの目が光る仕組みになっている。

頭、首、襟パーツ




事件の現場検証に見えなくもない……
この距離ならイチャイチャできる!



人力発電体験エリア。親子で発電できます
こいつ……光るぞ!



手、指パーツ

 右手のパーツは触ったり座ったりして記念撮影をすることができる。手のひらには座布団が置かれていた。大人は1人までで、耐荷重量は90キロ。子どもは2人で座ることができる。記者も座ってみたが、ガンダムの手に包み込まれている感覚にうっとりしてしまった。

あら、ガンダムさんの手って意外と小さくてかわいい
座布団ふかふかでした


特に時間制限は設けないとのこと。行列ができているときは譲り合いの精神で
もちろん立ち乗りはできません。ランバ・ラルごっこはしないように



そのほかのパーツや会場の様子








こうして並べてみると、まだ未完成のようにも見えるが、これで公開されるとのこと。凄惨なバラバラ事件のようにも見える

日清食品の特設ブース
CMと同じく右手にやかん
会場MAP


1枚100円のポストカード
クッキーはガンダムやアムロの絵柄入り(1箱1000円)
チケット販売所。後ろの行列はお台場合衆国を目指す人たち


屋台の料理。お肉がおいしそう!
開場を待つ人たち。先頭の方は午前1時半から並んでいるとのこと
開場30分前で100人ほどの行列になっていた


 会場は日陰がほとんどない場所で、午前9時前後でも汗が噴き出す状況だった。入場や撮影の際に並ぶことが予想されるため、熱中症には十分注意して参加してもらいたい。

 「お台場ガンダムプロジェクト2011」は8月13日から8月21日まで、お台場・シンボルプロムナード公園セントラル広場で開催している。開場時間は午前10時〜午後6時(最終入場は午後5時30分)で、入場料は500円。

(C)創通・サンライズ

※記事で紹介しきれなかったガンダムの写真をねとらぼのFacebookページで公開しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.