ニュース
» 2011年08月24日 18時57分 UPDATE

ビクター・JVC、テレビ音声を手元で再生できるスピーカー「SP-A55」

ビクター・JVCは、テレビ音声を手元で聞くことができるテレビ用ポータブルスピーカー「SP-A55」を発売する。

[ITmedia]

 ビクター・JVCは8月24日、電池の消耗を防ぐ「オートパワー・オン/オフ」機能搭載のテレビ用ポータブルスピーカー「SP-A55」を、9月上旬より発売すると発表した。実売予想価格は4000円前後。

PhotoPhoto 「SP-A55」のブラック(左)とシルバー(右)

 SP-A55は、テレビ音声を手元でステレオ再生できるテレビ用ポータブルスピーカーだ。直径50ミリのスピーカーユニットとアンプ、5メートルのロングケーブルを採用しており、テレビから離れた場所でも活躍してくれる。電源は単三形乾電池4本で、連続約40時間の使用が可能。電源スイッチを切り忘れても安心の「オートパワー・オン/オフ」機能も備えた。

 本体サイズは18.0(幅)×7.5(高さ)×7.0(奥行き)センチ、重量は約304グラム(乾電池含まず)で、カラーはブラックとシルバーの2種類が用意されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう